« 「政府が決めた大飯原発再稼働要請」について思うこと | トップページ | さっそく新東名高速道路を使ってみました。 »

2012年4月16日 (月)

今日(4月16日)のニッポン放送テレフォン人生相談には涙を禁じ得なかった。

 私は数十年前から、ラジオ長寿番組ニッポン放送テレフォン人生相談を時間があれば聞いている。私自身、何をやっても上手くいかないことが多く自暴自棄になってしまうこともあるけれど、ここに寄せられる相談を聞くと、「自分の不遇なんて大したことがない。もっとしっかりしろ!」と自分自身を戒めることができるからだ。

 今日もたまたま運転しながら聞くことが出来たのだが、その相談内容と、回答者の大原敬子先生の優しい言葉に涙を止めることが出来なかった。ユーチューブにアップされていたのであらためて聞いてみたけれど、運転中はよく聞き取れなかった部分が分かり余計感情移入して泣けてしまった。

 相談内容は「32歳のお父さん、奥さんを2年前に亡くし3歳男児を育てている。その子が3か月前ぐらいから吃音(どもる)ようになった。自分に非があったのではないか?どうしたらいいのだろうか?」というものだ。http://bit.ly/IY2FU8

 普段、幼児教育研究家の大原敬子先生は相談者の心をえぐり出すような厳しい回答が多い。”えっー、ここまで言うか?”と思えるような、”こんな決め付けでいいのか?”と首をかしげてしまうこともある。だけど、さすがに今日の相談内容には、相談者に感情移入してしまい、声を出すのがやっとなくらい号泣していた。相談者の健気さがそうさせたのだろう。

 こんな相談を聞いていると、私自身の苦労なんて足元にも及ばないから恥ずかしく思える。もっと頑張らなければという想いに駆られる。この若い親子に幸福が訪れることを願いたい。

« 「政府が決めた大飯原発再稼働要請」について思うこと | トップページ | さっそく新東名高速道路を使ってみました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も運転中に聴いていて涙が溢れました。
その前の週の大原先生の回答も泣けました。
大原先生が回答中に泣いてしまうのを何回か聴きましたが
本当に心が温かい感じになります。
でも個人的には厳しい大原先生も好きですね。
一度自分自身が大原敬子&加藤諦三ペアにこってりと叱られてみたいです。

コメント頂きありがとうございました。
私も13日の内容も涙なくしては聞けませんでした。
相談者の女性には、本当に頑張って欲しいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54488467

この記事へのトラックバック一覧です: 今日(4月16日)のニッポン放送テレフォン人生相談には涙を禁じ得なかった。:

« 「政府が決めた大飯原発再稼働要請」について思うこと | トップページ | さっそく新東名高速道路を使ってみました。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ