« 何でもGoogleは少し怖いような気がしてきた。 | トップページ | 無罪判決となった小沢氏の道義的責任と政治的責任って何なんだろう? »

2012年4月26日 (木)

「魔女裁判」は寸でのところで止められたけれど・・・

 自分の裁判ではないのに、朝から苛立っていた。今日は陸山会事件で小沢被告に対する判決が下される日だからだ。検察側が捜査報告書のねつ造を認めたのだから、普通なら無罪だけれど、とにかくこの事件は異常だから何が起こるか分からない。石川議員の裁判でも主要な調書は採用されなかったのに、裁判長の推認で有罪にされてしまった。「推定無罪」という原則を明らかに破ったのだ。その時点で素人の私でさえ恐怖感を感じた。まるで魔女裁判だ。

 自分自身の無罪を証明することは難しい。だから推定無罪の原則があるのではないか。「おまえは魔女だろう?」と認めるまで拷問をかけ続けた。疑われたら最後なのだ。陸山会事件はもっと悪い。検察という官僚と司法記者クラブが結託して、日本国民を巻き込み執拗に攻撃し続けた。今回、無罪判決が出ても、「秘書は有罪なのに道義的責任や政治的責任があるだろう」と、さらに攻撃し続ける。何でそんなに小沢氏を恐れるのか。真っ先に思いつくのは、自分達の既得権益を侵害される恐れがあるからだ。同じことが、橋本大阪市長への攻撃にも言える。本気でやりそうな人間は徹底的に潰そうとするのがミエミエだ。

 今回、判決は無罪だったけれど、判決内容は酷い。「無罪」という言葉がなければ完全な有罪のような感じだ。だから、野党やマスコミがつけあがる。もう、いい加減にして欲しい。素直に負けを認めろ!政治家は本来の仕事をやり、マスコミは官僚と手を切れ、言いなりになるな!政治家を批判するなら政策を批判しろ!

 それから、野党の偉い幹事長さんが、無罪判決が出たにも関わらず、証人喚問なんて言っているけれど、馬鹿じゃないか。口を開けば説明責任(笑)。今回、説明責任があるのは、こんな政治資金収支報告書の期ズレの問題で、国民の税金を使いまくった特捜検察の連中を喚問するのが先だろう。坊主憎けりゃ袈裟憎しか(笑)。政治家が、不当に裁判にかけられたのに、司法の介入と思わないなんて最低だ。いつまでも「都知事の息子です」と笑いを取って喜んでいればいい。

 今日は長距離運転してきたので少し疲れている。お酒も入り、とりとめもなく、思うが儘の感情を書いてしまった。あ~、今までのモヤモヤが多少スッキリした。

 

« 何でもGoogleは少し怖いような気がしてきた。 | トップページ | 無罪判決となった小沢氏の道義的責任と政治的責任って何なんだろう? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54566224

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔女裁判」は寸でのところで止められたけれど・・・:

« 何でもGoogleは少し怖いような気がしてきた。 | トップページ | 無罪判決となった小沢氏の道義的責任と政治的責任って何なんだろう? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ