« 生活保護制度の改革も必要だが、そういう人を減らす努力を国はしているのか? | トップページ | バレーボールって不思議なスポーツだ。 »

2012年5月27日 (日)

今年は天気に恵まれた山中湖ロードレース

 去年の大雨とは打って変わって、今年の山中湖ロードレースは快晴の中、行われた。(ちなみに去年の模様⇒http://bit.ly/lQBAzO) 今までは良くて薄曇りだったから、こんなに富士山がくっきり見えた中で走った記憶がない。

1338070968775
 昨年10月半ばの甲州フルーツマラソン惨敗以来、満足に走っていなかったので、今回のエントリーは湖畔1周(13.6㎞)にした。まあ、この距離なら何とかいけそうかなとタカを括っていたが、練習を再開して走った距離なんて30㎞ちょっと。しかも、相変わらず右アキレス腱や左ふくらはぎに微妙な違和感があり、とても不安だった。だから、今回の目標は「歩かずにゴールすること」にした。低次元だけれど、今の自分の状態からしたら、これ以上は望めない。

 ハーフスタートに遅れること15分、湖畔1周の部がスタートする。ハーフ5000人強に対して、1周は約8500人のエントリーがあったという。13.6㎞の制限時間が2時間半だから取っ付き易いのかもしれない。人数が多い分、なかなか自分のペースで走れないので人波を縫うように進む。

 4㎞地点を過ぎると、富士山が見えるようになる。そうなると、あちこちで記念撮影している人達も出てくる。これも天気が良かったおかげだろう。とにかく、富士山をバックに湖と新緑のコントラストが美しい。(下記は朝撮影)

1338069431911
 そして沿道の所々では一生懸命声を出して応援してくれている人達がいる。出来るだけ、「ありがとう!」と返事をして出来ればハイタッチ。こんなこと日常生活ではあり得ないから、とても嬉しい。10㎞地点を過ぎた頃から、脚に微妙な違和感が出てきたが、そういう声が後押しするのか意外と脚が前に出る。山中湖中学校へ登る坂道も歩くことなくクリアーし、乾いたグランドの先にあるゴールに飛び込んだ。
 

 いつもなら、Tシャツを貰って豚汁を食べて、着替えて速攻で帰途につくのだが、今回は次々とゴールする人達を応援した。若い方から、私よりかなり年配の方々が必死の形相で坂を登りきり、ゴールする瞬間の笑顔は自分自身とても励みになる。やっぱり今日は走って良かった。楽しかった。帰宅後、更なる充実感を得るために、早速、8月の富士吉田火祭りロードレース10㎞のエントリーを行った(爆)。



 

« 生活保護制度の改革も必要だが、そういう人を減らす努力を国はしているのか? | トップページ | バレーボールって不思議なスポーツだ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54813244

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は天気に恵まれた山中湖ロードレース:

« 生活保護制度の改革も必要だが、そういう人を減らす努力を国はしているのか? | トップページ | バレーボールって不思議なスポーツだ。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ