« 今場所の大相撲は面白い。6年ぶりに日本人力士の優勝なるか。 | トップページ | ”金環食”と”東京スカイツリー”のニュースはお腹いっぱい。 »

2012年5月20日 (日)

『大相撲五月場所』 旭天鵬の優勝に涙

 私は”苦節〇〇年”という枕詞に弱い。モンゴルから日本に渡ってきて20年目にして初めて掴んだ幕内優勝、しかも最年長優勝。その涙は美しく、とても感動した。純日本人ではないけれど、これだけの期間日本に住み、日本語を話し、帰化もされているのだから、そういう区別はつけず、「6年ぶりの日本人力士優勝」で良いだろう。心からおめでとうと言いたい。

 それにしても、千秋楽の今日はいきなり大激震だ。何と、大関琴欧州が脚を痛めて休場だという。これで取組み相手、栃煌山の不戦勝で12勝3敗が確定し、横綱白鵬はじめ4敗力士の優勝はなくなった。怪我は仕方ないけれど、タイミングがあまりにも悪すぎる。NHK解説の北の富士勝昭氏によれば、昨夜、休場を申し出ていれば、組み換えが可能だったという。

 優勝戦線の盛り上がりに水を差したのは言うまでもない。優勝決定戦にもつれたからまだ救われたものの、仮に旭天鵬が負けていたら、千秋楽不戦勝の力士が優勝ということもあったのだ。栃煌山だって複雑な心境だったに違いないし、本割りをやらずに、いきなり決定戦というのも何らかの影響があったかもしれない。今後、何らかの対策が必要なのではないだろうか。

 それから残念だったのは、大関稀勢の里。把瑠都に対して土俵際まで何度も詰め寄っておきながら決めきれず、逆転の上手投げを喰らってしまった。精神的なプレッシャーはもの凄いものがあっただろう。だけど、ここ一番で決めきれないイメージが付いてしまったことは否めない。この壁を克服しなければ、綱を張ることはできない気がする。個人的には琴奨菊よりも稀勢の里の方を買っているので、是非ともそれを乗り越えて欲しい。

 昨日も書いたけれど、今場所は横綱白鵬が不慮の怪我で本来の力が出せなかったため大混戦になり、見ている方としてはとても面白かった。しかし、史上最多6人もの大関から優勝者が出なかったのは少し情けない。昨年、どん底まで落ちた大相撲。本当の意味での人気回復は大関陣の奮起如何にかかってくるように思う。

« 今場所の大相撲は面白い。6年ぶりに日本人力士の優勝なるか。 | トップページ | ”金環食”と”東京スカイツリー”のニュースはお腹いっぱい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54758580

この記事へのトラックバック一覧です: 『大相撲五月場所』 旭天鵬の優勝に涙:

« 今場所の大相撲は面白い。6年ぶりに日本人力士の優勝なるか。 | トップページ | ”金環食”と”東京スカイツリー”のニュースはお腹いっぱい。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ