« 「おおい町議会、原発再稼働容認か?」というニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと »

2012年5月14日 (月)

広島県福山市ホテル火災のニュースで思うこと

 この1ヵ月の間、痛ましい事故が続く。4月15日には京都の祇園の交差点で車が突っ込み8名(運転手含む)、23日には京都亀山で小学生の列に車が突っ込む事故で3名、29日には関越道で夜行バスの運転手が居眠り運転したため防護壁に突っ込み7名、の犠牲者を出した。犠牲者には何の落ち度もない。何とも気の毒な話で、ご遺族のご心労を考えると身に詰まされる。

 そして、昨日は広島県福山市のホテルで火災が起こり、これまた7名もの犠牲者を出す大惨事が起こった。報道によれば、消防から度々改善命令を出していたようだが、ここ数年チェックしておらず、結局、こういう事態になってしまったということだ。まだ、詳しい原因が分かっていないから断言しないけれど、経営者の責任は免れないだろう。また、何度も防災関係の不備を指摘しながら、チェック機能を果たせなかった行政側にも詳しい経緯を説明する義務があるし、一定の責任を負う必要がある。

 (ここからは私の妄想なので、反論等は勘弁願いたい)

 これら一連の事故は現代社会に対する警鐘だと思う。こういう事故は過去にもあった。その都度、再発防止のため、いろいろな規制が行われてきたはずだ。それなのに、何度となく悲惨な事故が起こってしまう。これは何故なんだろう。事故を起こしたい人間なんて誰もいないはずだし、規制する側も基本的にはマニュアルどおりにはやっているはずだ。だけど、そこは人間のすること。ふとした拍子に間違いが起こるのは仕方ない。

 私なんてミスの宝庫だ。ただ、こうした大惨事にならなかったのは単なる運なのかもしれない。とにかく今の社会は便利さを享受できると同時に、ちょっとしたことがきっかけで大きな事故を引き起こす可能性を持ったということだ。シンプルな物は壊れにくいけれど、複雑な物は一度壊れたらなかなか治らない。いくらコンピュータが高性能化したって、完璧に人間がついていくことはできないのだ。効率化には限界がある。

 何だか論点がおかしくなってきたけれど、言いたいことは、もう少しゆとりのある社会を目指す必要があるのではないかということだ。今回の火災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、お怪我をされた方々の早期回復をお祈りします。

 

« 「おおい町議会、原発再稼働容認か?」というニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54711570

この記事へのトラックバック一覧です: 広島県福山市ホテル火災のニュースで思うこと:

« 「おおい町議会、原発再稼働容認か?」というニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ