« 小沢グループって何でこんなに甘いんだ。 | トップページ | 電気料金値上げ、頭に来るなぁ。 »

2012年5月11日 (金)

映画「麻雀放浪記」に魅入ってしまった。

 今日は5月に入って最初の休日。昨日も茨城に行き疲れが溜まっているので、掃除以外は何もせず、借りてきたDVDでも観てゴロゴロすることにした。最近はレンタルDVDも安くなって旧作なら1本100円だ。貧乏な私には非常に助かる。何にしようかとタイトルを見回っているうちに飛び込んできたのが「麻雀放浪記」だった。この作品は今まで数回観ているし原作だって読んでいる。だけど、久しぶりにあの異様な世界をのぞいてみたくなったのだ。

 この映画はモノクロだ。それが終戦直後の雰囲気を醸しだし、主人公、坊や哲(真田広之)を中心に博打打ちの世界が繰り広げられる。全自動卓全盛の今ならあり得ない”2の2の天和”や”つばめ返し”、そして青天井ルール等々、麻雀を多少なりともかじったことのある人間なら、そのスリリングさがよく分かる。何といっても、強烈な個性を持つドサ健(鹿賀丈史)と出目徳(高品格)との駆け引きは何回観ても痺れる。

 また、この作品に登場する2人の女性も面白い。一人は坊や哲に博打麻雀の手ほどきをするオックスクラブのママ=八代ゆき(加賀まりこ)、もう一人はドサ健の相方、まゆみ(大竹しのぶ)だ。二人は対照的だが、戦後の荒波を何とかして乗り越えようという健気な姿は似ているように感じる。何より八代(加賀)は凛とした強さの中にも女性としてのか弱さを漂わせているし、何度ドサ健に裏切られても最後には許してしまう、まゆみ(大竹)の可愛さには惹かれてしまう。

 それに、おかまのおりん(内藤陳)、上州虎(名古屋章)、女衒の辰(加藤健一)も、もの凄く良い。私は映画を観てから小説を読んだが、主要キャストが何の違和感もなく、ぴったりと当てはまる。特にドサ健役の鹿賀丈史と出目徳役の高品格は他の役者では置き換えられないくらいだ。

 「負けた奴は裸になる」。この映画のキャッチフレーズだけど、よくよく考えると、今の社会全体にも当てはまってしまうような気がする。ちょっと考え過ぎかな(笑)。さて明日から仕事頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

« 小沢グループって何でこんなに甘いんだ。 | トップページ | 電気料金値上げ、頭に来るなぁ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54687658

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「麻雀放浪記」に魅入ってしまった。:

« 小沢グループって何でこんなに甘いんだ。 | トップページ | 電気料金値上げ、頭に来るなぁ。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ