« 松井秀喜選手のレイズ入団で思うこと | トップページ | 「報告書『虚偽と知らず提出』 陸山会事件で元特捜部長ら」の記事を読んで思うこと »

2012年5月 3日 (木)

「真夏の昼間はテレビを消して節電しよう」という意見に賛成!

 明後日、日本にある54基の原発が全て停止する。今まで電力の3割は原子力で作られていると電力会社は説明していたが、実際は原発が無くなっても一応、電力不足は起きないということが分かった。ただし、一番電力消費量の多い真夏に関しては、「足りない」と主張する電力会社、政府、原発推進学者と「足りる」と主張するジャーナリスト、脱原発学者が双方に言い合っている状況で、素人の私には一概に判断できない。

 いずれにせよ、今までのように電気を湯水のごとく使ってきた時代からは脱却していくことが必要なのは、多くの人々の共通認識だろう。そして、電力消費量がピークを迎えるのは、真夏の午後1時から5時ごろまでということも知られるようになってきた。いわゆる「ピークカット」を行えば、電力は賄えるという主張はここからきている。

 テレビ、新聞は間違っても伝えないけれど、ネット上では、「昼間、テレビを消せば節電効果は大きいから、みんなで観ないようにしよう」とか「真夏にエアコンを切れば死者がでるかもしれないけれど、テレビが無くても死者はでない」という意見が出ている。個人的には大賛成だ。放送法の問題があるなら、暫定的にでも法律を改正するべきだ。電力が足りる、足りないに関わらず、実行して欲しい。ただし、テレビの代わりにビデオ鑑賞をされてしまうとあまり意味が無いようなので、その点は別途、広報する必要がある。

 今現在、午後1時から5時頃の時間帯のテレビ番組はワイドショー、ドラマの再放送、古い映画、通販番組が主流だ。個人的には観なくても何ら不利益はない。そもそも働いている人はこの時間にテレビなんて観れるはずもなく、自宅いる人だけの代物なのだ。もちろん、それでもテレビが観たいとか、耳が不自由でテレビの文字情報が頼りという方もいるだろうから、NHKだけにするとか、民放は輪番停波するという対応策だってある。去年、あれだけ国民に”節電”をPRしているんだから、自分達だって何らかの行動に出ても良いはずではないか。まあ、いろんな理屈をこねて間違ってもやらないだろうな。もし、そういうテレビ局が出てきたら積極的に応援したい。

 

« 松井秀喜選手のレイズ入団で思うこと | トップページ | 「報告書『虚偽と知らず提出』 陸山会事件で元特捜部長ら」の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54622900

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏の昼間はテレビを消して節電しよう」という意見に賛成!:

» テレビ節電の落とし穴、REGZAのみか? [札幌生活]
テレビの節電のためにワットチェッカーでいろいろ消費電力を調べたところ意外な発見があった。一度コンセントを抜き、再度差し込んでそのままにしておくと意外に電力を消費しているのだ。... [続きを読む]

« 松井秀喜選手のレイズ入団で思うこと | トップページ | 「報告書『虚偽と知らず提出』 陸山会事件で元特捜部長ら」の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ