« 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと | トップページ | UTMF(ウルトラ・トレイル・マウント・フジ)のスタートシーンに感動! »

2012年5月17日 (木)

【夫「死にたい、包丁買って」…自殺ほう助で逮捕】のニュースを見て思うこと。

 今から7年前、映画「半落ち」を観てかなり感動したが、それと似たような事件だ。夫『死にたい、包丁買って』…自殺ほう助で逮捕」http://bit.ly/LLtGZK。この記事を読んでいてとても哀しくなると同時に、自分自身の情けなさに改めて気付かされた。

 この男性が死にたいと思う気持ちも、耳の不自由な奥さんが「楽にさせてあげたい」と思う気持ちも十二分に分かる。その時どんな雰囲気だったのかを想像するだけでも気持ちが重くなる。そして、私は自分が五体満足にもかかわらず、なかなか人並みの生活を送れなくて嘆いているのが恥ずかしい。ただ独身の私にとって、これほど深い夫婦愛という面では少し羨ましい思いがあることも否定できない。

 この事件、検察が不起訴にするのか、或いは起訴して裁判員裁判になるのかは分からないけれど、この記事に書いてある通りなら、この奥さんにとっては刑務所に入ろうが、入るまいが生涯ずっとこの罪を背負っていかなければならないのだから、最悪でも執行猶予にして欲しい。私が裁判員なら絶対そう主張するだろう。

 ここまで書いてきて、少し疑問が湧くとともに怒りも覚えてきた。千葉県警はこの容疑者を逮捕する必要があったのか?、そして、そもそも読売はこの容疑者を実名報道する必要があったのか?、ということだ。

 奥さんが夫を殺害した容疑というならまだしも、自殺するのを知っていて包丁を買ってきた容疑なのだ。夫思いで耳の不自由な奥さんが逃亡するとは思えない。一点だけ危惧すると、夫の後を追うのを防ぐため、やむ負えず逮捕ということもあるかもしれないけれど、それならば無理心中していたはずなので何も留置場生活させる必要はないではないか。

 それから読売新聞は、何故この事件を実名報道したのか。これが甚だ疑問だし憤りを感じる。これは凶悪事件ではないし被疑者は障害者なのだ。少しぐらい配慮できないのか。しかも逮捕されただけで送検された訳でも起訴された訳でもない。こんな報道されただけで偏見の目で見られてしまいかねないじゃないか。人権無視も甚だしい。まあ、おそらく千葉県警の記者クラブ詰めの記者が、いつものごとく書いちゃったんだろう。あなた方はどれだけ偉いんだよ。だから、「マスゴミ」って言われるんだ。

 亡くなられた男性のご冥福をお祈りするとともに、奥様に対する寛大な措置をお願いしたい。

 

 

 

« 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと | トップページ | UTMF(ウルトラ・トレイル・マウント・フジ)のスタートシーンに感動! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54734601

この記事へのトラックバック一覧です: 【夫「死にたい、包丁買って」…自殺ほう助で逮捕】のニュースを見て思うこと。:

« 【福島第1原発で「津波で電源喪失」を想定 保安院と東電、18年の勉強会で】の記事を読んで思うこと | トップページ | UTMF(ウルトラ・トレイル・マウント・フジ)のスタートシーンに感動! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ