« 消費増税に突っ走る野田政権をみて思うこと。 | トップページ | そろそろNHKに抗議メールを送ろうかな。 »

2012年6月15日 (金)

「6歳未満脳死 臓器摘出始まる」(東京新聞)のニュースを聞いて思うこと

 昨日、脳死判定された6歳未満の男の子から臓器の摘出手術が始まった.。http://bit.ly/Krfbwo おそらく今頃は移植手術も粛々と行われていることだろう。無事成功することを心から願う。

 調べてみると、臓器移植法が成立したのは今から15年も前の平成9年7月16日。法律は作ったものの、なかなかドナーが現れなくて、何回かの改正の後に、幼児のドナーも認めるとなったのが、平成21年7月17日のようだ。

 それから約3年を経て、日本で初めて6歳未満の子供がドナーとなる移植手術の実施となった。これまで幼児は海外に行かなければ、移植手術が受けられなかったけれど、今回のことで、待機患者に希望が生まれるかもしれない。

 ただ臓器移植というのは、間違いなく一人の人間は亡くなる。しかも、心臓自体は動いている、体温もある。どういう理由でお子さんが重篤な状態になってしまったのか分からない。臓器提供を申し出た親御さんの心境は書面で公表されたが、気持ちが整理できるまでには、どれほどの心労があったかと思うと、胸が痛む。

 また、移植された方も一生免疫抑制剤等の薬を飲み続けなければならないし、何より、人の犠牲があってもらえた命という重圧を持って生きていくのだから、心から喜ぶわけにもいかないだろう。どちらの立場に立ってみてもスッキリしないに違いない。でも、どんなに考えても結論はでないのだから、精一杯生きて欲しいと願うばかりだ。そして、ドナーとなられたお子様のご冥福をお祈りします。

【追記】

 昨年の免許証更新でもらった新しい免許の裏には臓器提供の有無を記入する欄があった。私は勿論、全てOKにした。こうすることで自分自身の命を大切にする気持ちが生まれ、車を運転する時も以前より注意するようになった。

 

« 消費増税に突っ走る野田政権をみて思うこと。 | トップページ | そろそろNHKに抗議メールを送ろうかな。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54966887

この記事へのトラックバック一覧です: 「6歳未満脳死 臓器摘出始まる」(東京新聞)のニュースを聞いて思うこと:

« 消費増税に突っ走る野田政権をみて思うこと。 | トップページ | そろそろNHKに抗議メールを送ろうかな。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ