« 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? | トップページ | 元ニッポン放送アナウンサー、塚越孝氏の訃報に接して思うこと。 »

2012年6月26日 (火)

「ヤフー子会社のファーストサーバでデータが消失したこと」について思うこと

 今朝は寒かった。本当は消費増税法案衆院通過についての感想を書くつもりだったけれど、単なる愚痴にしかならないし怒りで眠れなくなりそうだから止めることにした。その代わり目についたのが、「ヤフー子会社、企業データ5000件消失」という記事だ。http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012062602000236.html

 もっとも障害自体は20日に起こっており、他の媒体では既に発表していたので全く知らなかった訳ではなかった。ただ、東京新聞のような一般紙が取り上げたのが大きい。個人的には中小企業のクラウド利用を推進しようという立場なので、この事件が経営者の心理にどう影響を与えるのかが心配だ。

 昨年の東日本大震災以降、BCP(ビジネス・コンティニュティ・プラン=事業継続計画)への関心が高まり、大企業ばかりでなく、中小企業でも自社のデータをクラウドサービス(データセンター)に預けるところが増えてきた。ネットに繋がる環境さえ整えば、データ復旧が容易に行えるからだ。

 ところが今回のような事件が起こってしまうと、その信頼性は揺らいでしまう。銀行に預けたお金が無くなったようなものなのだ。データセンターは多重のバックアップ体制が敷かれているから、まさかこんなことが起こるなんて、私自身思ってもみなかった。これからは「クラウドの時代」なんて言っていた手前、その衝撃は大きい。原因の究明は勿論のこと、この顛末がどうなるのか、その推移を追い続けていきたい。

 

« 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? | トップページ | 元ニッポン放送アナウンサー、塚越孝氏の訃報に接して思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55059184

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤフー子会社のファーストサーバでデータが消失したこと」について思うこと:

« 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? | トップページ | 元ニッポン放送アナウンサー、塚越孝氏の訃報に接して思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ