« マスコミはいつまで「社会保障と税の一体改革」と言い続けるのか? | トップページ | 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? »

2012年6月23日 (土)

民主党中間派と呼ばれる方々に良心は残っているか?

 マスコミは血沸き肉踊っていることだろう。大好きな政局になってきたからだ。相変わらず、新小沢vs反小沢の構図を喧伝し、小沢氏への誹謗中傷に近いプライベートまで踏み込んでいる。とにかく”小沢=悪”なのだ。

 だけど、今回の政局は民主党執行部が発端だったことは言うまでもない。党の了承も得ず勝手に3党合意をして、説明会では2日間ガス抜きをした後、前原政調会長の「一任頂いた」という言葉で締めくくった。民主主義の欠片もない。

 そして頭に来るのは読売、朝日、毎日。読者には消費増税が必要だと煽っておきながら、新聞・出版に関しては軽減税率をするべきだ、なんてほざいている。ただでさえ再販価格維持制度という恩恵に預りながら、その上、自分達だけ優遇しろなんて良く言えたものだ。お門違いも甚だしい。

 マスコミ批判はこの程度にしておいて、問題なのは中間派と呼ばれる日和見の連中だ。この消費増税法案に賛成すれば国民との約束を完全に反古にする。いや、期待を裏切ったことになる。詭弁をろうする連中だからいろいろ理由はつけるだろうが、そんなもの信じる奴は身内ぐらいしかいない。国民との約束はさておいて、党の分裂を避けたいなんて言う連中には鉄槌を下してやらなければならない。

 逆に、反対すれば党に居づらくなる。強硬な執行部は党議拘束をかけ厳正に処分するなんて言っている。最悪、除名だそうだ(笑)。自己保身に走るなら、党の決定に従うだろう。だけど、最長でも来年には総選挙がある。マニフェストを裏切った今、何を旗印に闘うのか。マスコミの小沢総攻撃を期待するのか。

 だけど国民だって、ここまで騙されて再度民主党に入れるのは、何らかのしがらみがある方に違いない。少なくとも無党派層のほとんどは入れないだろう。民主党なんて看板を掲げるだけで落選危機だ。まあ、考え得るとすれば、政治不信で投票率が下がって、電力総連を始めとする組織票頼みぐらいか。それじゃあ、自民党となんら変わらない。

 もし、仮に党の分裂を避けるというのであれば、現政権を総辞職に追い込み、国民に謝罪した上で出直すしか方法はないが、3党合意なんて馬鹿な事をやってしまったから、そんなことは出来ない。もう詰んでいるよ。来週の火曜日に採決があるようだが、国民を騙すか騙さないかしっかり見させてもらう。この週末地元に帰ってじっくり考えてきてもらいたい。皆さんの良心に期待する。

« マスコミはいつまで「社会保障と税の一体改革」と言い続けるのか? | トップページ | 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55035283

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党中間派と呼ばれる方々に良心は残っているか?:

« マスコミはいつまで「社会保障と税の一体改革」と言い続けるのか? | トップページ | 本当ならふざけた話。政局の陰で検察が田代検事不起訴を決定するのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ