« 「ヤフー子会社のファーストサーバでデータが消失したこと」について思うこと | トップページ | NHKに金を払うのが馬鹿らしいから、本気でテレビを捨てようか検討中。 »

2012年6月27日 (水)

元ニッポン放送アナウンサー、塚越孝氏の訃報に接して思うこと。

 今日、衝撃を受けたニュースは元ニッポン放送アナウンサー塚越孝氏の訃報だった。午前中はラジオも聴けない状況だったが、ツイッターのタイムラインで知ることができた。まだ57歳、若すぎる。何があったんだろう?いろいろ調べてみると、現在所属しているフジテレビ社屋の中で首を吊っていたということだった。何で?としか言いようがなかった。

 番組内容はよく覚えていないが、学生の頃は「大入りダイヤルまだ宵の口」を、社会人となってからは「午後のワイド番組(タイトルはいろいろ変わった)」を営業車の中でよく聴いていた。特に葉書やメールを投稿するわけでもなく、ただ流しているだけだったのに今でも声のトーンは覚えている。張りのある声で少しウザく感じることもあったのだけれど、慣れてくると、何となく元気づけられるような感じになるから不思議だった。ラジオパーソナリティってそんな身近に感じられる存在なのかもしれない。

 今回の件に直接つながったかどうかは分からないが、個人的には6年前のフジテレビ転籍が遠因となっているような気がして仕方ない。ライブドア騒動がきっかけでフジサンケイグループ内で再編が行われた。ニッポン放送のアナウンサーも数人、フジテレビに移籍した。その中に塚越氏もいた。ところが私はどんな番組に出演されていたか知らない。朝の番組でチラッと見たぐらい。言い方は悪いが、何となく窓際に追いやられていったような印象を受けた。近年ではその存在も忘れていた。

 まあ、これは私の邪推だけれど、本人は本当はラジオの方が好きで、もっとメインで喋っていたかったのではないのだろうか。テレビという今までとは勝手の違う場所が合わなかったのではないか。誰かに相談することは出来なかったのかな。自分の耳に残っている声の持ち主がいなくなるのは妙に寂しい。慎んで心よりご冥福をお祈りします。

 

« 「ヤフー子会社のファーストサーバでデータが消失したこと」について思うこと | トップページ | NHKに金を払うのが馬鹿らしいから、本気でテレビを捨てようか検討中。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55066171

この記事へのトラックバック一覧です: 元ニッポン放送アナウンサー、塚越孝氏の訃報に接して思うこと。:

« 「ヤフー子会社のファーストサーバでデータが消失したこと」について思うこと | トップページ | NHKに金を払うのが馬鹿らしいから、本気でテレビを捨てようか検討中。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ