« 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと | トップページ | 「避難区域また自殺か 小高の男性、自宅で首つり」のニュースを聞いて思うこと »

2012年6月11日 (月)

オウム高橋容疑者の逃亡報道に違和感

 先日、菊池直子容疑者が逮捕されてから、元オウム最後の特別手配犯、高橋克也容疑者の逃亡が連日連夜報道されている。ニュースからワイドショーに至るまで、この1週間でどれだけの時間が割かれただろうか。311以降、懐疑的にマスコミをみているせいか、今回のメディアスクラムも消費増税や原発再稼働問題から国民の関心を薄れさせるためのように思えて仕方ない。

 確かにオウム事件は多くの犠牲者を出し日本史上に残る大事件だ。それに関わった信者は裁きを受けるのは当然であって、指名手配され逃亡している以上、捕まえなければならない。しかし、この報道量は極端すぎないか。そもそも高橋容疑者は地下鉄サリン事件等での殺人容疑となっているが、実際に何を行った人物なのかさっぱり分からない。

 ちょっとだけ調べてみると、地下鉄サリンでは実行犯を車で送迎したことや、オウムが起こした様々な事件に関与となっている。大罪であることに間違いないが、極刑を宣告された被告達の罪状と比べると、かなりレベルが下のような気がする。17年間も潜伏していたのだから、いまさら他人に危害を加えようなんて考えていないはずだ。

 もはや防犯カメラ等の映像も公開されたのだから、後は情報提供を待って警察が粛々と捜査すればいいだけではないか。マスコミが騒げば騒ぐほど、容疑者を追い詰め、自暴自棄になることだってある。昨日の通り魔事件のようなことになったらどうするのだ。それに全てではないにせよ、警察の掴んでいる情報を流しているのだから、追い詰めるどころか逃亡のアシストをしているようにも感じてしまう。

 どうしても穿った見方になってしまうけれど、マスコミは騒ぎが大きくなればなるほど、注目が集まれば集まるほど、儲かるのだ。おそらく最初に書いた”国民の関心を分散させる”云々なんて言うことは微塵もないのかもしれない。ただ、政府の役人は我々凡人なんかに比べれば、はるかに頭が良く金もあるから、マスコミの習性を利用して世論誘導することなんて容易いことだろう。安易に報道に流されないように注意しよう。

 ああ、それにしても、こんな風に自分の国を信じられなくなることは悲しいことだ。

 

« 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと | トップページ | 「避難区域また自殺か 小高の男性、自宅で首つり」のニュースを聞いて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54937169

この記事へのトラックバック一覧です: オウム高橋容疑者の逃亡報道に違和感:

« 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと | トップページ | 「避難区域また自殺か 小高の男性、自宅で首つり」のニュースを聞いて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ