« 「東電OL殺人事件・再審決定」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと »

2012年6月 9日 (土)

昨夜のW杯最終予選、日本対ヨルダン戦をテレビ観戦して思うこと

 昨夜の試合では、今まで90分の中では勝ったことのないヨルダンに6‐0と大勝したので、胸のすく思いだった。そのため少し飲み過ぎてしまい、感想を書くことが出来なかった。

 確かにヨルダンはFIFAランキングでも格下であり、日本のホームでの闘いだから、手放しで喜べるわけではない。だが今まで、引いて守ってカウンターという中東スタイルに対し、なかなか得点を上げることが出来なかったのが嘘のように、華麗な得点シーンを見ることができたのは、大いに評価できるはずだ。そして、早くも来年のW杯本選での活躍も期待してしまう。

 とにかく攻撃陣が多彩だ。本田、香川を双璧に前田、岡崎とゴール前フリーで持たせたら決めてくれる予感がする。そして、サイドには長友、内田がここぞという時に駆け上がりチャンスを演出する。攻守の要のボランチは長谷部、遠藤がいて、試合をコントロールする。センターバックの吉田、今野も安定している。ゴールキーパーは鬼神の川島。もう日本代表としてはこれまでで最強のメンバーなのではないか。

 結局、こういう優秀な人材が揃ってきたのは、Jリーグが発足して選手育成システムが上手く軌道に乗っているからだろう。昨夜は残念ながら出場できなかった選手達でさえ、経験やメンタル的なものは違うだろうが技術的には大きな差があるとは思えない。それくらいレベルが向上しているということだ。

 ただ、彼らの最終目標はやはりW杯本選でいかに上位に行けるかということのはずだ。(あわよくば優勝を目指しているのかもしれない。)となると、アジア予選では圧倒的な差をつけて出場権を獲得し、ヨーロッパや南米のチームからも脅威として見られる存在になる必要がある。

 そうなると、やはり次戦、アウェーでのオーストラリア戦が鍵になる。普通に考えれば引き分けで御の字だが、日本サッカーの歴史を進化させようとするなら、勝たなければならない。今のメンバーなら出来るはずだ。頑張って欲しい。

« 「東電OL殺人事件・再審決定」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/54920457

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜のW杯最終予選、日本対ヨルダン戦をテレビ観戦して思うこと:

« 「東電OL殺人事件・再審決定」のニュースを聞いて思うこと。 | トップページ | 大阪心斎橋での通り魔事件について思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ