« 週刊朝日・緊急増刊「オウム全記録」を読んで思うこと。 | トップページ | 「原発危機と『東大話法』」(安富歩著)を読んで思うこと。 »

2012年7月 7日 (土)

「大津いじめ自殺問題」‐メディアスクラムに辟易。人のふり見て我が振り直せ!

 大津市のいじめ自殺問題が俎上に上がってから3日ぐらい経つが、相手の立場が弱くなると、マスコミは一斉に市や教育委員会、学校の対応について叩き始めた。いわゆるメディアスクラムだ。私は3日前、行政側の対応の酷さについてブログに書いたから敢えてここでは触れないが、マスコミだって五十歩百歩ではないか。さも「我々は正義でござい!」という態度が非常に不愉快だ。

 例えば、原発事故起こした東電に対する追及だって、今でこそ、東電や電事連からの広告料が入ってこなくなったからか、批判するようになった。だけど、事故当初は政府や東電に対して、まるで太鼓持ちのように擁護していたのを私は忘れない。未だに毎週金曜日に行われている官邸前抗議行動だって、パンダ以下の扱いではないか。

 それから巨人軍原監督の問題だって、ペーパー1枚で済む話なのか。私は巨人ファンだけど、全然スッキリしない。確かに原監督は被害者だけれど、その対応には大きな問題があったのは間違いない。本来なら、第三者委員会を立ち上げて、問題の原因や背後関係、今後の再発防止策について、単に巨人だけではなく、球界をあげて取り組むようにしないといけないのではないか?そういう指摘がほとんどなされないまま、平然とペナントレースが続いていることに違和感を覚えるのは自分だけだろうか。

 相撲の八百長問題の時はあれだけ大騒ぎになりながら、結局、この事件は巨人=読売新聞の隠然たる力の前に、週刊誌が後追いする程度で済まされてしまっているではないか。まさに「見て見ぬふり」だ。少し飛躍しすぎかもしれないが、大津市教育委員会の対応と何が違うというのか。-「人のふり見て我が振り直せ」とい言いたい。

« 週刊朝日・緊急増刊「オウム全記録」を読んで思うこと。 | トップページ | 「原発危機と『東大話法』」(安富歩著)を読んで思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55142478

この記事へのトラックバック一覧です: 「大津いじめ自殺問題」‐メディアスクラムに辟易。人のふり見て我が振り直せ!:

« 週刊朝日・緊急増刊「オウム全記録」を読んで思うこと。 | トップページ | 「原発危機と『東大話法』」(安富歩著)を読んで思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ