« 領土問題って、解決できるのだろうか? | トップページ | シャープの経営危機で思うこと »

2012年8月15日 (水)

終戦の日(=敗戦の日)の今日は静かに追悼したい。

 8月15日は終戦の日。子供の頃から、そう教わってきた。しかし、これは言葉を歪めている。正確にはポツダム宣言を受け入れると天皇が発表した日なのだから、敗戦の日が正しい表現だろう。こういう不正直さが過ちを生むということを、「原発危機と東大話法」(安富歩著)から学んだ。

 ただ恥ずかしながら、一昨年ぐらいまで私は戦前や戦中のことは受験の日本史程度の知識しかなかった。ガダルカナル島の悲劇、無謀なインパール作戦、特攻の話、原爆の話、東京大空襲等々、聞く話、見る話があまりにも悲惨で目を背けていた。でも昨年の震災以降、日本国内の状況が戦前、戦中のようではないかと思い始めてから、考えが変わったのだ。

 具体的に言えば、関東大震災、昭和大恐慌、大政翼賛会、大本営発表を垂れ流し戦争礼賛を煽るマスコミ。これらは、東日本大震災、平成デフレ不況、消費増税に関わる3党合意、「決める政治」などと喧伝する記者クラブメディア。当時と今、雰囲気は似ていないだろうか。

 それに加えて、竹島、尖閣諸島、北方領土などの領土問題で、ナショナリズムに火がつきそうだ。先程も香港の活動家7人が尖閣諸島の魚釣り島に上陸した。これでまた大騒ぎになるだろう。不穏な空気感が怖い。昨日も書いたが、これらの領土問題は簡単に解決するとは思えないので、冷静に、それこそ粛々と、不法入国者は逮捕・起訴して法的措置を講じることではないか。

 本来なら、今日は先の大戦で亡くなられた、約310万人の御霊を静かに追悼する日だと思う。そして、過去の過ちは繰り返さないと誓う日でもある。日本のせいばかりではないが、この日に合わせるかのように様々な問題が起きてしまうのは残念でならない。とにかく今日は亡くなられた方々の思いを胸に、未来永劫平和な社会が続くことを祈ろう。

 

 

« 領土問題って、解決できるのだろうか? | トップページ | シャープの経営危機で思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55429233

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日(=敗戦の日)の今日は静かに追悼したい。:

« 領土問題って、解決できるのだろうか? | トップページ | シャープの経営危機で思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ