« 「戦後史の正体 1945‐2012」(孫崎亨著・創元社)を読んで思うこと | トップページ | 「中間貯蔵候補12カ所…住民には『故郷に戻れない』宣告」(福島民友)の記事を読んで思うこと »

2012年8月19日 (日)

ロンドン五輪が終わったら、領土問題ばかりの報道はおかしい

 きっかけは韓国の李明博大統領が竹島に行ったことが発端だけど、それに加えて、尖閣諸島の魚釣島に韓国のネチズンが上陸したことで、もう、マスコミは領土問題一色になっている。今日は、日本人十数名が魚釣島に上陸して、中国で反日デモが起こったことを大々的に報道している。それには凄く違和感を感じる。消費増税やACTA、TPP、原発問題等々を目くらましにするためのスピンコントロールじゃないか。

 確かに領土問題は重要であって看過できない問題だ。しかし、竹島はともかく、尖閣は日本が実効支配していて、尚且つ、外務省が領土問題は存在しないと言っているのだから、日本側から騒ぐ必要は一切ないのだ。今日、日本人が上陸したことについても、わざわざ日本のメディアが大々的に取り上げる必要はない。日本の領土に日本人が上陸して何か問題があるのか。こういう時こそ、報道しない自由とやらを前面に打ち出して、何もおかしなことはやっていませんよ、という態度をとるべきではないのか。

 私だって悔しいよ。韓国大統領が平気で不法侵入をして、尚且つ、天皇陛下に謝罪を求めるなんていう暴挙に出ているんだ。許せるわけがない。尖閣に香港のネチズンが上陸したことだって、怪我をさせて大問題にしないように穏便に済ませたのだろうけど、強制送還されたら、向こうでは英雄扱いにされていることを知れば、憤懣やるかたない。だけど、この領土問題なんて簡単に解決するはずがない。ここは冷静に打てる手を着々と打っていくことが必要なのではないだろうか。

 経済的には日中韓はもう切り離せない関係になっている。感情的になって攻撃しても何のメリットもない。喜ぶのはネチズンだけだ。そして、この混乱に乗じて、今まで通りそうになかった法案を可決されたら何の意味もない。ここでも役人の思うがままになってしまう。「報道されなかったことは世間的にはなかったことになる」(岩上安身氏)。大手マスコミがこの事案を一生懸命に時間を割いて流すのには、やはり、陰で何か重要な政策を実行しようとしているのではないか。不信でならない。

 孫崎亨氏「戦後史の正体」を読めば、結局、マスコミなんてアメリカの意向を忖度し、世論をそれに誘導していく装置なのだ。そして、批難の矛先が自分達にも及ばないように、巧妙に論点をずらしていくのだ。我々のような凡人なんて、簡単に騙されてしまう。こうならない為には、ニュースをただ単に受け身で流すのではなくて、疑問から入るようにすることなのかもしれない。国民の意識が変わることを願う。

 

 

 

« 「戦後史の正体 1945‐2012」(孫崎亨著・創元社)を読んで思うこと | トップページ | 「中間貯蔵候補12カ所…住民には『故郷に戻れない』宣告」(福島民友)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55462518

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪が終わったら、領土問題ばかりの報道はおかしい:

« 「戦後史の正体 1945‐2012」(孫崎亨著・創元社)を読んで思うこと | トップページ | 「中間貯蔵候補12カ所…住民には『故郷に戻れない』宣告」(福島民友)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ