« 「幻影からの脱出(原発危機と東大話法を越えて)」(東京大学教授:安富歩著)を読んで思うこと | トップページ | 昨日のなでしこジャパンが引き分け狙いだったことについて思うこと。 »

2012年8月 1日 (水)

「録画・録音禁止が条件=事故後のテレビ会議映像公開―東電」の記事を読んで思うこと

 8月に入った。たまの休みにテレビをつけてみれば、早朝からオリンピック、オリンピック。気が狂っているのかと思えてしまう。世間的には冷めている自分が悪いのかもしれない。ところがネット上ではいろいろなことがニュースになっていて、こんな記事が目に留まった。「録画・録音禁止が条件=事故後のテレビ会議映像公開―東電」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120731-00000207-jij-soci

 この記事を配信した時事通信は「報道規制に当たるとして、批判の声が上がったが・・・」と書いているけれど、吉本興行のおしどりマコさんのツイートによれば、朝日新聞以外は全て賛同していたみたいじゃないか。

 東電は、もう公的資金が投入された国営企業なんだということが全く分かっていない。情報はプライバシー部分を除いて公開するのは当たり前だ。本来なら一旦潰して株主が一定の責任をとった後、公的資金投入だろう。何でもかんでも国民に押し付けておいて、こんな態度を取るなんて呆れ返る。

 それに普通の企業なら、事故であっても、警察の捜査が入って、こういうものは証拠として押収するのではないか。もうどこまで治外法権なんだ。こういうことばかりやっているから、信用されないというのが政府や東電は分かっていないんだな。融通の利くマスコミだけ籠絡しておけば、国民なんて簡単に洗脳できるとでも思っているのかもしれない。

 原子力規制委員会の人事といい、オリンピックのドサクサに紛れて、サクッとやってしまおうという狡猾さに憤慨する休日の朝になってしまった。

« 「幻影からの脱出(原発危機と東大話法を越えて)」(東京大学教授:安富歩著)を読んで思うこと | トップページ | 昨日のなでしこジャパンが引き分け狙いだったことについて思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55326390

この記事へのトラックバック一覧です: 「録画・録音禁止が条件=事故後のテレビ会議映像公開―東電」の記事を読んで思うこと:

« 「幻影からの脱出(原発危機と東大話法を越えて)」(東京大学教授:安富歩著)を読んで思うこと | トップページ | 昨日のなでしこジャパンが引き分け狙いだったことについて思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ