« 「“腕にタバコの火20回以上”被害届」のニュースを見て思うこと。 | トップページ | 【祝】なでしこジャパンが銀メダルを獲得して思うこと »

2012年8月 9日 (木)

「原発比率“特定の区切りこだわらず”」の記事を読んで思うこと

 「原発比率“特定の区切りこだわらず”」  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120809/k10014173861000.html 

 今日、枝野大臣は記者団にこう述べたという。「2030年時点での原発ゼロシナリオを支持している人もいれば、直ちにゼロと言う人もいる。時間軸の話も国民の意見を踏まえて最終的に判断するので、必ずしも時期にはこだわらない」

 さすが詭弁番長(by田中康夫議員命名)だ。

 エネルギー政策に関する原発比率を国民に聞くと言ってはじめた意見聴取会や討論型世論調査などが行われたが、2030年時点で原発0%と回答した人が約7割になった。三択というのも変だが、0%、15%、20~25%と提示すれば、15%になるだろうと目論んでいたのだろう。

 ところが意に反して自分達の都合の悪いように進んでいくと、枝野大臣の発言のように最初のルールを変えようとするのだ。とにかく落とし所は15%であって、そうするために様々な工作をしてきたようにしか思えない。それでも0%が圧倒的だから、時間を稼いで新たな知恵を絞ろうとしているのがミエミエである。

 そもそも昨年の原発事故の際、官房長官をやっていて、結果的には多数の人を被曝させた張本人が、未だ恥ずかしげもなく、経産大臣にいること自体おかしいのだ。

 一昨日も、金曜日の夕方官邸前で抗議行動をしている反原連(首都圏反原発連合)の代表と野田首相が会談することに反対した。不公平だというのだ。ならば、推進側の立場にいる経団連関係者や大手マスコミ関係者との会食はOKなのか。本当に腹が立つ。

 私は当ブログで、一刻も早くこの政権を潰して欲しいと何度も書いている。しかし今日の内閣不信任案も茶番劇の末、自公が野田内閣を助けるべく、多数が欠席して否決された。増税翼賛会の成せる業で本当に恐ろしい事態だ。

 多くの人がロンドンオリンピックの報道に流されているかもしれないが、私は、絶対に流されない。この詭弁連中が政治的終焉を迎えるまで、おかしいことはおかしいと書き続けていくつもりだ。

 

« 「“腕にタバコの火20回以上”被害届」のニュースを見て思うこと。 | トップページ | 【祝】なでしこジャパンが銀メダルを獲得して思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55386712

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発比率“特定の区切りこだわらず”」の記事を読んで思うこと:

« 「“腕にタバコの火20回以上”被害届」のニュースを見て思うこと。 | トップページ | 【祝】なでしこジャパンが銀メダルを獲得して思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ