« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その3 | トップページ | 【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初の容認】の記事を読んで思うこと »

2012年9月14日 (金)

ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その4(これが最後)

 玄倉第二発電所をすぎて、数分行くと、対岸から同角沢が入ってくる。これから少し進むあたりで渓谷美は姿を消して広い河原になっていく。こういう景色を楽しみながら、走ったり歩いたりするのは気持ち良い。

Ncm_0276
  ユーシンロッジまであと400mの道標。ここから右に上っていくと、雨山峠経由で寄経由で渋沢に出ることができる。戦前この林道がなかった頃、先の同角沢などへの沢登りをする人たちは、この道を通ってきたと、ものの本には書いてある。Ncm_0277 

 川を渡りユーシンロッジに到着!約1時間半。現在、ここは使用されていない。今後、また復活することがあるのだろうか?地元民としては復活して欲しい。

Ncm_0280
 ここから先も林道は3㎞ぐらい続いているが、私には未知の世界。今回はスポーツドリンクだけしか持ってきておらず、エネルギーが切れてヘロヘロになって下るのも嫌だったので、当初の目的通り、ここで少し休んで引き返すことにした。

 帰りは下りなので楽に思えたが、それでも景色を堪能するために何度か立ち止まり、また、切り立った小石を避けながら慎重に走ったので、結局、70分ほどかかった。まあ、時間は気にしていないので、どうでもいい。それよりも、都合3時間半以上、有酸素運動できたのが非常に大きい。アキレス腱も今のところ大きな問題はない。とても有意義な練習だった。

 丹沢湖は家から20分もあれば行ける距離なので、今度は11月初旬の紅葉真っ盛りの頃に来てみよう。

【追記】

 路面状況は舗装、未舗装入り混じっています。先端が尖った小石が多いです。また、2年前の水害により沢からは大量の砕石が流入している箇所が多々あります。もともと道が脆いので川側の路肩はあまり近づかない方が良いです。とにかく、この林道で一番怖いのは落石で、二番目は熊との遭遇です。


« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その3 | トップページ | 【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初の容認】の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55657333

この記事へのトラックバック一覧です: ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その4(これが最後):

« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その3 | トップページ | 【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初の容認】の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ