« この老人はどこまで強欲になれるのだろうか?早く引退して欲しい。 | トップページ | セ・リーグは巨人が優勝したけれど… »

2012年9月19日 (水)

日本は本当に民主主義国家なのか?過去の過ちを繰り返してはいけない。

 昨年の震災以降、つくづく思うことがある。それは、この国は本当に民主主義国家なのかと。今、野田政権が粛々と進めてしまった、消費増税、米国のオスプレイ配備、原子力規制委員会の人事等々、これは果たして民意を反映したものなのか甚だ疑問である。

 大手マスコミから「決める政治」などと称賛されているが、民意を無視してやっているのだから独裁ではないか。今日の原子力規制委員会発足にしても、その5人の委員は本来なら、国会同意人事のはずで、しかも、首相は問責されている身分にもかかわらず、例外の首相任命という形をとった。

 そして、数日前「2030年代に原発ゼロ」と言っていたにもかかわらず(もっともそれでも欺瞞だが)、昨日の経済3団体やアメリカのジャパンハンドラー連中から批判されると、閣議決定を見送るのだ。官報複合体の面目躍如だ。もう呆れ返ってものも言えないくらいで怒りが治まらない。

 結局、庶民などは馬鹿だから、頭の良い官僚や自分達さえ儲かれば良い財界の描いた秩序どおりに動いておけば、生かさず殺さず、にしてあげるよ、なんて言われているような気がしてならない。

 もっとも、大手メディアが中国の反日デモや尖閣諸島が緊迫した状況であるにもかかわらず、昨夜TBSは”AKB48のじゃんけん大会”を3時間も放映し、それに一喜一憂している人達が多くいたことも事実である。頭の良い連中から見れば、世論操作なんて簡単なことなんだ、なんてほくそ笑んでいることだろう。

 こういう指摘をすると、「震災や原発事故が起きても、もう復興に向かっているし、事故はほぼ就職したんだから自分には関係ないよ。」「一度きりの人生なんだから面白おかしく過ごして何が悪い。」「お前はどれだけ長生きしたいんだw」などと言われるかもしれない。

 ただ、歴史を振りかえってみると、先の大戦では頭の良い連中がメディアを使って扇動し、最悪の結果になったことを忘れてはいけないと思う。今、民主党代表選挙や自民党総裁選挙ではしゃいでいる報道を目にすると、この先、大丈夫なんだろうかと、ますます悲観してしまうのだった。

« この老人はどこまで強欲になれるのだろうか?早く引退して欲しい。 | トップページ | セ・リーグは巨人が優勝したけれど… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55698467

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は本当に民主主義国家なのか?過去の過ちを繰り返してはいけない。:

« この老人はどこまで強欲になれるのだろうか?早く引退して欲しい。 | トップページ | セ・リーグは巨人が優勝したけれど… »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ