« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その4(これが最後) | トップページ | 昭和33年版「丹沢の山と谷-登山手帳」と玄倉川への畏怖 »

2012年9月15日 (土)

【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初の容認】の記事を読んで思うこと

 東京新聞の記事【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初容認】を見て愕然とした。http://bit.ly/OqQCwY 昨日は政府が2030年代に原発ゼロへなんて言っていたけど、もうそれが嘘であることがミエミエになった。とにかく枝野大臣は詭弁使いの名人だな。

 だいだい、政府は2030年”まで”のエネルギーの在り方について検討していた筈なのに、出された話は2030”年代”になっている。もうここで最大10年の開きがある。この時点で到底信用できないのだが、大間原発や島根原発三号機建設容認するなんて愚の滑稽である。原発の稼働期間は一応、最大40年にするつもりらしいが、今から建設して完成してから40年なんて言ったら、30年代ゼロにならない。

 もっとも、途中で停止して廃炉にすることも可能だが、それでは建設費用は無駄になる。財源がないと詭弁を使って消費増税するのに無駄使いは容認するのか。もう呆れ返るばかりだ。結局、経団連や読売などの原発推進派、それにアメリカなどから圧力があったから、気配りをしているんじゃないかと勘ぐってしまう。

 もはや原発の安全性という視点ではなくて、放射性廃棄物の処理をどうするかが決まらない限り再稼働させてはいけないと思う。新規建設なんてあり得ない。原発の維持、推進を声髙らかにいう人達からは、この処理についての所見をあまり聞かない。そもそも、未来の子供達にツケは残さないと言って消費増税を決めた連中が、数万年後の未来まで危険を残す放射性廃棄物の処理に沈黙していること自体おかしな話だ。

 まあ、こんなことを私がここで吠えてみても、今の生活が維持できないなら原発はやむを得ないとか、経済が衰退するとか、数限りない原発推進キャンペーンを鵜呑みにされている方々からみれば、負け犬の遠吠えなのだろう。そして、次期衆院で多数を取るであろう自民党の総裁候補全部が原発推進派だ。このままならバンバン再稼働し、新しい原発もバンバン生まれるかもしれない。もう狂ってるなこの国は…orz。

 

« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その4(これが最後) | トップページ | 昭和33年版「丹沢の山と谷-登山手帳」と玄倉川への畏怖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55666540

この記事へのトラックバック一覧です: 【「建設中の原発は継続」 枝野経産相、初の容認】の記事を読んで思うこと:

« ユーシン渓谷(玄倉川林道)マラニック-その4(これが最後) | トップページ | 昭和33年版「丹沢の山と谷-登山手帳」と玄倉川への畏怖 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ