« 「厚木や久留米、常連組姿消す=方針転換、負担を考慮-B-1グランプリ・北九州」(時事通信)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第3回 甲州フルーツマラソン(ハーフ)に出場してきました。(その2) »

2012年10月21日 (日)

第3回 甲州フルーツマラソン(ハーフ)に出場してきました。(その1)

 今日は第3回、甲州フルーツマラソン・ハーフの部に出場してきた。第3回とは言うものの、それ以前は勝沼ぶどう郷マラソンという名称でほぼ同じコースで行われてきたので、20年以上の歴史がある。私自身、今回が6回目?の出場となる。(3年前は棄権した)

Imgp0444
 正直言って、今までの自分なら今回は出走しなかった。なぜなら夏以降、疲労感とアキレス腱への不安から、ほとんど走り込んでいなかったし、階段を降りる時にも右アキレス腱にピリッとした痛みがはしるからだ。。また、昨年、ある程度練習を積みながら、まるで映画「八甲田山」で描かれる死の彷徨のような状態でゴールしたことが一種のトラウマとなっていたこともある。

 しかし、3年前とは違って一応走れるし、このまま逃げるのも情けないと思い、とにかく21㎞の距離を踏むという低レベルな目標を立てて挑戦することにした。

 午前10時、ハーフの部スタート。当然、最後尾に近いポジションだ。コースは熟知しているので絶対に無理しない。体力がない分、頭を使わないと絶対にゴール出来ない。 

 最初の課題は8㎞付近にあるトンネルまで走りきれるかということだ。ここまでは基本的に登り基調だ。左側には下記のような素晴らしい甲府盆地の景色が広がるが、それを堪能する余裕はあまりない。

 Ncm_0013_4 

 出来るだけ前を見ないようにして進む。登り坂は視線を上げないように顎を引いて行くと良いらしい。そのせいか、何とかトンネルまで来ることが出来た。ここからは下りなので、呼吸を整えられるが、アキレス腱にとっては負担が倍増する。果たして耐えられるだろうか?不安がよぎる。(続く)


« 「厚木や久留米、常連組姿消す=方針転換、負担を考慮-B-1グランプリ・北九州」(時事通信)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第3回 甲州フルーツマラソン(ハーフ)に出場してきました。(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55941458

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回 甲州フルーツマラソン(ハーフ)に出場してきました。(その1):

« 「厚木や久留米、常連組姿消す=方針転換、負担を考慮-B-1グランプリ・北九州」(時事通信)の記事を読んで思うこと | トップページ | 第3回 甲州フルーツマラソン(ハーフ)に出場してきました。(その2) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ