« 【祝】山中伸弥京都大学教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことについて思うこと | トップページ | 「東電OL殺害、検察が無罪主張へ…第三者DNA」の記事を読んで思うこと »

2012年10月 9日 (火)

IMFと世界銀行の年次総会が東京で始まったけれど…。

 IMF(国際通貨基金)と世界銀行の年次総会がほぼ半世紀ぶりに東京で始まったようだ。それはさぞかし素晴らしい出来事なのだろうが、私のような日々の生活に四苦八苦している状態ではあまり関係がない。ただ、IMFの偉いさんが、「日本の財政健全化のためには消費税は10%では不十分」などと言ったのには、正直言って腹が立った。

 これ以上、我々庶民を苦しめて楽しいか?デフレ不況下で税率だけ上げても、税収は上がらないのは、橋本内閣の時に実証済みではないか。もっともIMFには財務省の方々もかなり入っているらしいから、知っていてこういう発言を許しているんだろう。マスコミからは批判の声も聞こえない。

 私は世界的な金融機関というのが、どうも胡散臭く感じてしまって嫌いだ。このお金持ち連中が我々貧乏人から搾取しつづける。金を右から左へと動かすだけで莫大な利益を得る。金融市場が不調なら石油や穀物市場にも手を出す。そのために、石油価格や穀物価格は実需とかけ離れた取引が行われ、結局、痛い目に遭うのは我々庶民だ。仮に自分達が失敗すれば、金融システム崩壊の危機だなんて言って、公金支出を平気で行い、その間は税金も払わない。こんな不公平があるのか。

 今から十数年前、私自身もグローバリゼーションというのは素晴らしいものだと吹き込まれていた。だけど、結局は富の一極集中になり、勝った者は報われ、負けた者は細々と生き延びるしかない世の中になりつつある。本当にあの頃は、浅はかだったと反省している。もう新自由主義なんて消えてなくなれ!

« 【祝】山中伸弥京都大学教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことについて思うこと | トップページ | 「東電OL殺害、検察が無罪主張へ…第三者DNA」の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55854313

この記事へのトラックバック一覧です: IMFと世界銀行の年次総会が東京で始まったけれど…。:

« 【祝】山中伸弥京都大学教授がノーベル医学・生理学賞を受賞したことについて思うこと | トップページ | 「東電OL殺害、検察が無罪主張へ…第三者DNA」の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ