« 「金融円滑化法 支援後に倒産倍増184件」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 思わず欲しくなった「Kindle Fire」 »

2012年10月23日 (火)

何て虚しい釈明なんだろう?「“誤認逮捕は遺憾 捜査を検証”」(NHKニュース)

 今回のPC遠隔操作による犯行予告での誤認逮捕事件で明らかになったことは、旧態依然たる自白に頼る捜査手法が横行しているという事実である。そして、自白を迫るのには被疑者を平気で脅す手法がまかり通っていたということだ。しかも、供述調書の元はおそらく警察か、検察が作っていた可能性がある。

 数年前に起こった郵政不正事件で厚労省の村木局長が逮捕・起訴されたが、検察捜査の杜撰さが際立ち、最終的には無罪となった。検察が描いたストーリー通りの供述調書を作成していく手法が問題視された。そして、この件を重くみて第三者委員会が作られ、いろいろな事が話し合われたが、”取り調べの可視化”については見送られた。確か捜査に支障が出るということが要因だったと記憶している。

 それなのに、またこうした不祥事が起こった。マスコミは誤認逮捕という言葉を使うが、元被疑者の体験した苦痛を考えれば、拷問に近い。真犯人が告白しなければ、確実に有罪にされていた恐れがある。

 しかも、警察が誤認逮捕を認めた後、元被疑者が「認めなければ長くなる」とか「認めなければ少年院行き」と語っているにもかかわらず、捜査関係者はそれを否定している。やってもいないことを、やったと自供させるのだから、相当の圧力があったのは明らかなのではないか?

 会見がオープンになっていないので、警察と記者の間でどういうやり取りがあったのかは分からないが、「もっと突っ込んで質問しろよ!」と言いたくなる。もっとも、質問はしていたが、デスクが記事にしなかったかもしれないが。。

 世間を騒がす殺人などの大事件は別として、こうした見過ごしやすい事件では、かなり泣き寝入りした方も多いのではないか。私も毎日のようにネットを利用しているし、間違って変なURLをクリックしてしまうこともないとは言えないから、犯人にされていた可能性がある。こんな恐ろしいことがあるだろうか。

 そして、この国家公安委員長の釈明が虚しい。身内が身内を調べて、誰もが納得する答えなんか期待できるわけがないし、誰も信用しない。警察寄りの専門家を除いたメンバーで構成された第三者委員会を作って「捜査を検証する」のが当たり前だ。今度の臨時国会では徹底的に追及して欲しい。

 

 

 

 

« 「金融円滑化法 支援後に倒産倍増184件」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 思わず欲しくなった「Kindle Fire」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55956939

この記事へのトラックバック一覧です: 何て虚しい釈明なんだろう?「“誤認逮捕は遺憾 捜査を検証”」(NHKニュース):

« 「金融円滑化法 支援後に倒産倍増184件」(東京新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 思わず欲しくなった「Kindle Fire」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ