« 今日(10月2日)のNHKゆうどきネットワークを観て思うこと。 | トップページ | 「検察崩壊 失われた正義」(郷原信郎著/毎日新聞社)を読んで思うこと »

2012年10月 3日 (水)

【福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ】(毎日新聞)の記事を読むと憤りを隠せない

 私は日頃、記者クラブメディアに対して批判的な事ばかり書いているが、今日の毎日新聞の署名記事、【福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ】http://bit.ly/QVfj6G は称賛したい。

 この記事の内容は、午後1時からの文化放送・大竹まことゴールデンラジオで知った。パーソナリティの大竹氏が憤慨していたので、帰宅後、ちゃんと読んでみたが、私自身も怒りで手が震えてしまった。

 ここで重要なのは、結局、議事録が公開される検討委員会は完全な「やらせ」であって、実際は「秘密会」で決められているということだ。私も何度となく指摘しているとおり「県民の不安を煽るから」ということで事実を公表しない姿が露呈したのである。県民を馬鹿にした話だし、そうまでして事故を矮小化させたいのかと想像してしまう。昨今の「いじめ問題」に対する行政の姿勢と似ているような気がしてならない。

 もう「事なかれ主義」は止めて欲しい。事実をちゃんと認め、それに対して対策を立て、実行していかない限り、根本的な問題解決にはつながらないのは明白なのだ。

 本当にこの委員の方々、及び県の職員には良心の呵責というものがないのだろうか。委員の多くは医師なのに、何で県民、特に子供達に対してこういう仕打ちがまかり通るのか。これでは、福島の子供達を研究材料にしているように受け取られても仕方ない。こんな卑劣なことが行われた以上、今の検討委員会の人事は解散し、本当に県民の健康を考える人達を中心に構成し直すべきである。

 悲しいかな、この卑劣極まりない行為に対して、おそらく法的には問えないのだろうが、少なくとも国会は関係者に対して参考人招致または証人喚問を行って、国民に対してこの愚行を明らかにすべきだ。

 それにしてもよく記事になった。おそらく現場の記者さん達の中には、このようにちゃんと取材している人達も沢山いるのだろうけど、悲しいかな打算的なトップクラスの偉いさん達がストップをかけてしまっているのかもしれないと改めて思った。

 ただ、残念なのは、このスクープに対して、他のメディアが文科省や厚労省、福島県知事等への後追い取材を行っていないことだ。生命に関わることなのだから、もっと大騒ぎしても良い事案だろう。特にテレビ、いや民放は期待できないけど、少なくとも受信料を取っているNHKはこの件について報道すべき義務がある。是非、マスコミ本来の使命である権力の監視機能を果たしてもらいたい。

« 今日(10月2日)のNHKゆうどきネットワークを観て思うこと。 | トップページ | 「検察崩壊 失われた正義」(郷原信郎著/毎日新聞社)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55806781

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島健康調査:「秘密会」で見解すり合わせ】(毎日新聞)の記事を読むと憤りを隠せない:

« 今日(10月2日)のNHKゆうどきネットワークを観て思うこと。 | トップページ | 「検察崩壊 失われた正義」(郷原信郎著/毎日新聞社)を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ