« 石原都知事が辞任して新党結成を表明したことについて思うこと。 | トップページ | 心温まる社説だ。「原発避難の子ら 私をぎゅっと抱きしめて」(10月27日・東京新聞) »

2012年10月26日 (金)

「米の支援要請を拒否=英政府、イラン攻撃を懸念-英紙報道」(時事通信)の記事を読んで思うこと

 イギリスって、アメリカの言うことなら何でも聞くとばかり思っていたけれど、このニュースを読んで少し見直した。http://bit.ly/XsC337 イラク戦争のことを多少なりとも反省したのかもしれない。あの戦争で、イラク国民のみならず、自国の兵士達の命をどれだけ失ったことか。得をしたのは軍需産業と石油業界ぐらいだろう。俗にいう軍産複合体か。

 先日、元外務省の孫崎亨氏と岩上安身さんの対談を聞いていて、アメリカ離れが進んでいると言っていたけれど、今回、イギリスがアメリカの要請を拒否したことは、その流れの一環なのかもしれない。相変わらず追随しているのは、日本と韓国ぐらいか。沖縄県民が猛烈に反対したオスプレイ配備及び訓練だって、対イラン戦争を想定したものだろう。

 昨今の世界情勢をみると、世界的な不況、それに伴うブロック経済化、シリアの内戦を始めとする中東情勢の不透明さ、日中韓における領土問題等々、何となく帝国主義が進んでいるような気がしてならない。仮にアメリカとイランが戦争なんてことになれば、イスラエルも絡んでくるし、当然パレスチナ諸国も絡んでくるから、第三次世界大戦なんてことにもなりかねないのではないか。そんな最悪のことまで考えてしまう。

 でも、どうしたらいいんだろう。私個人では何も出来ないけれど、少なくとも、おかしいことはおかしいとハッキリと態度に示そう。1人でも多くの人が、こういう気持ちになって声を出して行くことが大事なのだと思う。もう、アメリカの言いなりにはならない!

 

 

« 石原都知事が辞任して新党結成を表明したことについて思うこと。 | トップページ | 心温まる社説だ。「原発避難の子ら 私をぎゅっと抱きしめて」(10月27日・東京新聞) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/55977438

この記事へのトラックバック一覧です: 「米の支援要請を拒否=英政府、イラン攻撃を懸念-英紙報道」(時事通信)の記事を読んで思うこと:

« 石原都知事が辞任して新党結成を表明したことについて思うこと。 | トップページ | 心温まる社説だ。「原発避難の子ら 私をぎゅっと抱きしめて」(10月27日・東京新聞) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ