« 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと | トップページ | IWJ代表・岩上安身氏による亀井静香議員インタビューを拝聴して思うこと。 »

2012年11月21日 (水)

鳩山元首相の政界引退について思うこと。

 今日、鳩山元首相が引退を発表した。民主党の執行部がTPP参加や消費増税など、党の方針に賛同できない人は公認しないと決めたのがきっかけだろう。私は、自分が立ち上げた党がこれほどまでに変貌してしまったことに責任を取ったと解釈する。

 彼が失脚に至った原因は沖縄の基地問題であることに間違いはない。ウィキリークスが暴露したことで分かったが、同じ党内でありながら、平気で足を引っ張り官僚やアメリカに加担した連中が彼を政治的に抹殺したのだ。そんな連中が今や党の執行部を固めているのだから、やり切れない思いだろう。確かに、彼自身にも甘いところはあったのだろうけれど、恩を仇で返す連中を私は決して許さない。

 今から6年前、永田メール問題で党首だった前原氏、幹事長の野田氏は、責任を取って役職を辞任した。民主党は瀕死の状態だった。それをわずか3年で政権交代に導いたのは小沢氏であり鳩山氏だった。だが、その二人とも今や民主党から追われる羽目になった。さまざまな手段を使って党を乗っ取ったのだ。

 党内のことだけならいざ知らず、政権交代時にお題目のように言っていた「国民との約束=マニフェスト」を平然と反古にし、こともあろうに自公と結託して消費増税法案を通した。そして、今はTPPに邁進しようと躍起になっている。異常というより他にない。

 しかし、松下政経塾出身者とそれに組する連中は私のような凡人よりもはるかに頭が良くて狡猾だ。何といっても議論に長けている。どんな詭弁を弄しようとも相手を屈服させる能力に秀でている。しかも、今は官房機密費を自由に使えるからメディアコントロールも可能だ。

 ネットの力は年々大きくなっているけれど、まだ主要メディアというにはほど遠い。テレビ、新聞の言っていることが正しいと信じている人が、他国に比べてはるかに高いから、世論操作なんて簡単に行える。本当に怖い。

 少し話が逸れてしまったが、鳩山氏は「不出馬にあたって」という題目で自身のホームページにその思いを書いている。http://www.hatoyama.gr.jp/activity/detail.php?id=144

 これはやんわりとしながらも、現執行部への痛烈な批判だ。マスコミの誘導によって、彼を中傷する人々はこれをちゃんと読んで欲しいと思うばかり。

« 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと | トップページ | IWJ代表・岩上安身氏による亀井静香議員インタビューを拝聴して思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56162529

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山元首相の政界引退について思うこと。:

« 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと | トップページ | IWJ代表・岩上安身氏による亀井静香議員インタビューを拝聴して思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ