« 終末思想に陥りそうな自分。 | トップページ | 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと »

2012年11月18日 (日)

「福島で甲状腺検査、子ども1人にがんの疑い」(読売新聞)の記事を読んで思うこと。

 さすが原発推進の鑑、読売新聞だ。「福島で甲状腺検査、子ども1人にがんの疑い」このニュースは昨日、共同通信が流していたが、1日遅れでしかも大本営発表の垂れ流し。http://bit.ly/TKNEFc

 特に酷いのはこの部分である。「同大は、「チェルノブイリ原発事故では甲状腺がんの発症に最短でも4年かかった」として、原発事故との関連性は薄いとみている。」 県立医大の言い分そのものではないか。こんな発表記事なら、共同通信のものをそのまま載せた方がまだマシだ。

 私も不勉強だったが、がん発症がチェルノブイリ事故から4年と認定したのは、IAEAが否定できる術がなくなったからなのであって、本来はもっと前から疑いが指摘されていたのだ。このことは9月23日のETV特集 「シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告(2)ウクライナは訴える」で現地の医師が語っていたのを覚えている。

 少なくとも大新聞社なのだから、こういう発表に対しては、様々な角度から検証を加えてしかるべきなのではないか。例えば、一般的な未成年の甲状腺がんの発症率ぐらい簡単に分かりそうなものだ。それに、単純にこの記事を読むと、36万人に1人なんだから大したことはないという印象を受けかねない。

 しかし、実際に検査を受けている子供達は遥かに少なく、しかも、検査した結果、甲状腺異常がみられている子供が半数以上を数えていることは全く触れていない。それに私の記憶が確かなら、すでに疑いをもたれた子供は一人出ている筈だ。同一人物なのか。こういったの情報操作は、どうしても原発事故との因果関係を否定したいという意図がミエミエだ。

 確かに不安を過度に煽ることは良くない。でも、今回の症例が原発事故が原因とは言えないなんて簡単に判断するのはおかしい。311以降のメディア不信にあって、こういう書き方を鵜呑みにする人達がどれだけいるのか。人としての良心があるのなら、いい加減、被災者の立場に立った記事を掲載して欲しい。

« 終末思想に陥りそうな自分。 | トップページ | 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56142451

この記事へのトラックバック一覧です: 「福島で甲状腺検査、子ども1人にがんの疑い」(読売新聞)の記事を読んで思うこと。:

« 終末思想に陥りそうな自分。 | トップページ | 「食費など現物給付可能に 生活保護基準下げ方針 自民PT、改正案了承」(産経ニュース)を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ