« 昨日、外務省が公表した「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」を読んで思うこと | トップページ | 「文科省調査、福島の子どもに肥満 屋外活動制限も影響か」(共同通信)の記事を読んで思うこと »

2012年12月24日 (月)

昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」に行ってきました。

 昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」のシンポジウムとパーティーに参加してきました。「饗宴Ⅰ」に続き、2回目の参加になります。今回は日本を蝕む5つの危機への”明るいレジスタンス”という表題の元、原発、検察、経済、TPP、改憲について、IWJではお馴染みと言ってもいい、専門家15名が登壇し分かり易くお話してくれました。

 今回上がった5つのテーマでは、私たち庶民は普段一生懸命働いているのに、しかも、世界一の債権国なのに一向に暮らしが良くならないのは何故か、それが、よく分かったような気がします。この根底に流れるものは何なのか?。結局、戦後は終わっていない。形は変わって一見分からないようになっているけれど、アメリカの占領下にあるということのようです。

 もっとも、これらのことは普段、岩上氏のツイートやIWJでのインタビューを視聴すれば分かることですが、改めて直に専門家の皆さんのお話を聞くことでより一層実感することが出来ました。それに、正直言って、ネットメディアのIWJなんて知らない人が殆どですし、大手メディアに洗脳されている方々の前でこういうことを話しても奇人変人としか思われません(笑)。そういう意味では、IWJの活動に賛同し、このようなシンポジウムに参加する方が約300名あまりいたことに共感を覚えました。

 また、パーティーでも多彩な方々がスピーチされましたが、京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏が来るとは知らなかったので驚きました。そして参加者の皆さんと気さくにお話され、写真撮影にも気軽に応じていたので、私も話かけて握手ぐらいしてもらおうかと思いましたが、そのオーラだけ頂きました。

 今回の饗宴Ⅲに参加して、先の衆議院選挙前から、このブログにも書いているように、終末思想になっていた私には少しではありますが希望が持てたような気がします。出来れば、2次会にも参加したかったのですが、そこは底辺を生きる者の悲しさ、今日も早朝から仕事だったのでパーティーの途中で抜けざる負えませんでした。

 大手メディアが権力の片棒を担ぐようになってしまった以上、IWJのような小さくても無編集で流す独立メディアの必要性を強く感じます。出来れば、多くの人に会員になって欲しいと願うばかりです。(⇒ステマではありませんw)

            【シンポジウムの模様】

Imgp0765              
 

              【小出裕章・京都大学原子炉実験所助教】

Imgp07721
 

              【孫崎亨氏、岩上安身氏、山本太郎氏】

Imgp07761

 

 

« 昨日、外務省が公表した「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」を読んで思うこと | トップページ | 「文科省調査、福島の子どもに肥満 屋外活動制限も影響か」(共同通信)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56387342

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」に行ってきました。:

« 昨日、外務省が公表した「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」を読んで思うこと | トップページ | 「文科省調査、福島の子どもに肥満 屋外活動制限も影響か」(共同通信)の記事を読んで思うこと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ