« 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 »

2012年12月 8日 (土)

NHKスペシャル「救えなかった命~双葉病院50人の死」を観て思うこと

 おそらく土曜日の夜、こんなテーマの番組を観る人は少ないだろう。だけど、次にいつ来るか分からない災害で、こういう悲劇を再び起こさないためには目を背けてはいけない。

 東日本大震災から1年9ヵ月、ようやく我々一般人も知ることになった双葉病院の真実に愕然とした。当時、双葉病院の医師達が患者を放棄して自分達だけ逃げたような印象を与える報道があったように記憶しているけれど、全く違っていたではないか。現場にいた人達の惨禍を知れば、もうどうしようもなかったとしか言いようがない。

 ただ、少なくとも双葉病院の場合は、地震で建物が倒壊したわけでもなく、津波による浸水も全くなかった。ライフラインは寸断されていたけれど、避難を余儀なくされたのは、直線距離にして4.5㎞の所にある福島第一原発の事故であることに間違いはない。この事故さえ起きなければ、寝たきりの患者さん達をバスで13時間も移動させる事態には陥っていない可能性も高かったのではないかと思うと悔やまれる。

 今夜のNHKスペシャルを観て、災害時に介護施設や病院に入院している人達の命を救うにはどうすればいいのかを考えてみると、一つの方策として、病院船を用意しておく方法があるのではないか?震災直後にもこの意見はあったが、今回のように津波被害で港が壊滅した場合には使えないということで否定された。

 しかし、病院船は少し沖合に停泊させておいて、ドクターヘリでピストン輸送するようにできれば、少なくとも13時間の移動なんてあり得なかった。また、これは被災地域で医療施設が使えなくなった場合にも有効になると思う。それに数百人規模での受け入れも可能だ。

 もっとも、これは私の浅はかな考えで、実際には予算はどうするとか、使わない時はどうするとか、そのための人員はどうする等々、様々な問題があるだろう。でも、これだけ悲惨なことが起こったのだから、いろいろな方々の知見を集約して、次に来る災害に備えることが必要なのだと思う。今回、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。

« 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56280607

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル「救えなかった命~双葉病院50人の死」を観て思うこと:

« 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ