« 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 | トップページ | 舞鶴少女殺害事件、高裁で逆転無罪判決が出されたことについて思うこと »

2012年12月11日 (火)

敦賀原発の活断層問題について思うこと

 昨夜、原子力規制委員会が敦賀原発の地下に活断層があるとして、運転は認められないとする評価を下した。国の指針では活断層上に原発は立地できないのだから、当然廃炉にするしかない。

 しかし、マスコミが取り上げた田中委員長の言葉が妙に引っ掛かる。「今のままでは、再稼働は難しい・・」の「今のままでは」という部分だ。もしかすると、指針を変えてしまうのではないかと危惧してしまう。なぜなら、311前、この国では人が放射線を浴びて良いのは年間1ミリシーベルトだったのにもかかわらず、それが簡単に20ミリシーベルトに変更できてしまうのだからだ。自分達の利益の為なら何でもやることが、この時よく分かった。決して性善説でみてはいけない人達なのだ。

 そして今日には早速、敦賀原発を運営する日本原子力発電(原電)は規制委員会に対して、科学的根拠を示せ!と批判しているし、立地している石川県知事や敦賀市長といった方々も、奥歯にものの挟まったようなコメントを出している。再稼働して欲しくて仕方がないとしか思えない。

 マスコミがいかに隠そうとも、インターネット上ではこれまで原子力発電所に立地に絡む諸問題が溢れている。311以前は眉唾としか思えなかったものが、実は正しかったのではないかと再認識されつつあるのだ。この敦賀原発だって、当初はちゃんと地質調査はしたはずだ。それなのに何故、活断層と分からなかったのか?建設ありきの調査ではなかったのか?

 良心的に考えれば、当時の技術では活断層と判断できなかったのかもしれない。しかし、一応、第三者機関の形態を持つ規制委員会の判断は尊重して当然なのだ。そもそも日本の国土なんて狭い上に4枚のプレートがひしめき合う地震多発国ではないか。全ての活断層が把握できているとも思えない。安全神話が崩壊した以上、国民のコンセンサスなんて得られるはずがないではないか。やはり、原発ゼロを目指していくのが賢明な選択だ。

 

« 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 | トップページ | 舞鶴少女殺害事件、高裁で逆転無罪判決が出されたことについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56300457

この記事へのトラックバック一覧です: 敦賀原発の活断層問題について思うこと:

« 北朝鮮のミサイル発射実験の報道には、もう、いい加減ウンザリする。 | トップページ | 舞鶴少女殺害事件、高裁で逆転無罪判決が出されたことについて思うこと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ