« 今回も間に合わなかった―ネットを活用した選挙活動 | トップページ | 逆説的だが、「原発フェードアウト」って正しいのかもしれない。 »

2012年12月 3日 (月)

笹子トンネル天井板崩壊事故について思うこと

 昨日、中央道の笹子トンネルで天井板崩落事故が起こり9名の方が亡くなった。つい2週間前、私も同現場を通っているので全く他人事とは思えない。そもそも、高速道路のトンネルなんて、運転するものとしては一番メンテナンスが行き届いているとも思っている。まさか天井が崩れてくるなんて、とても想像できない。事故に合われた方々は計り知れない恐怖に見舞われたことだろう。

 事故から一日が過ぎて、”老朽化が原因か?”などと言われている。家の近くにある都夫良野トンネルでも同じ構造ということで早速点検が行われていたようだ。おそらく、これから様々な角度でいろいろと検証されるのだろうけれど、根本的な原因を突き止めて再発防止を徹底してもらいたい。

 そう言えば、今年は4月に関越道で高速ツアーバスが防護壁の隙間に衝突して7名が痛ましい事故もあった。1年経たないうちに、こんな大きな事故が起きるなんて、何かの祟りかとさえ思えてしまう。

 何でもかんでもこじつけるのは良くないけれど、昨年来、様々な安全神話が崩れてしまったように感じる。少なくとも数十年経ったインフラについては再度見直すことが必要な時期になったのかもしれない。もっとも、これもお金がかかる話で、新自由主義者やメディアはバラ撒き批判する可能性もあるけれど、何より大切なのは命なのだから、他の予算を削ってでも、総点検と補修を徹底的に行って欲しい。

 今回事故で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

« 今回も間に合わなかった―ネットを活用した選挙活動 | トップページ | 逆説的だが、「原発フェードアウト」って正しいのかもしれない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56245589

この記事へのトラックバック一覧です: 笹子トンネル天井板崩壊事故について思うこと:

« 今回も間に合わなかった―ネットを活用した選挙活動 | トップページ | 逆説的だが、「原発フェードアウト」って正しいのかもしれない。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ