« 【村木厚子さんの国家賠償請求を棄却 東京地裁(朝日新聞)】の記事を読んで思うこと | トップページ | 昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」に行ってきました。 »

2012年12月22日 (土)

昨日、外務省が公表した「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」を読んで思うこと

 政権交代間際にこうした報告が行われた。しかも、「日本政府が米英の武力行使を支持したことの是非についての検証をしたものではなくて、その決定過程検証した」ものであって、報告のポイントだけだ。http://bit.ly/RKKAyM

 結局、この報告のポイント(PDF)を読むと、アメリカやイギリスの作った空気に逆らうことが出来なかったということではないか。あの時、イラクが大量破壊兵器を持っている明確な証拠があると言っていて、それを小泉首相等が見て支持したはずだった。もう、10年も経つのだから、アメリカが提示した証拠とやらを公表出来ないものなのか。

 何のことはない、アメリカとイギリスによる侵略戦争に日本は乗っかってしまったわけだ。この戦争によって、罪のない人間が何十万人と死んだことだろう。イラク人にとっては、日本国民の自分も人殺しの一味に違いない。先の太平洋戦争であれほど平和を願った国民なのに情けない限りだ。

 少なくとも、あの当時、核兵器はともかく、イラクは大陸間弾道ミサイルは持っていなかった。だから、アメリカ本土が直接狙われる訳がない。だとすれば、戦争を強行したのは、脅威にさらされているイスラエルを護るためか、あるいは石油利権獲得のいずれかということが推測できる。

 アメリカという国は、言葉は悪いが合法的に人殺しをやって、それで儲けていく国なのではないか。アメリカ国民はこういうことを平気で容認する人達なのだろうか?自分達が良ければそれでいいのか?そう思うと、残念でならない。先のイラク戦争で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。ごめんなさい。

« 【村木厚子さんの国家賠償請求を棄却 東京地裁(朝日新聞)】の記事を読んで思うこと | トップページ | 昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」に行ってきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56372222

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日、外務省が公表した「対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)」を読んで思うこと:

« 【村木厚子さんの国家賠償請求を棄却 東京地裁(朝日新聞)】の記事を読んで思うこと | トップページ | 昨日、IWJ主催の「饗宴Ⅲ」に行ってきました。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ