« 笹子トンネル天井板崩壊事故について思うこと | トップページ | 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

2012年12月 4日 (火)

逆説的だが、「原発フェードアウト」って正しいのかもしれない。

 今日、衆議院選挙が公示され選挙戦が始まった。争点の一つなっている原発問題だが、各政党とも安全性や電力不足、電気料金値上げ云々ということは言っているようだが、肝心なことに触れていないような気がする。それは、使用済み燃料の処理をどうするかだ。(⇒日本未来の党は触れている)

 一昨日、ニコニコ生放送で、飯田哲也(日本未来の党代表代行)氏と田坂広志(多摩大学大学院教授)の対談を観ていた。そこで、田坂氏が言ったことに、ハッとさせられた。主旨はこんな感じだった。「脱原発、原発維持の論議は結構だが、使用済み燃料の処理が出来なければ、早晩、原発の稼働は出来なくなる。その時のことを考えた道筋を考えるべきだ」と。

 そうなのだ。核燃料サイクルが崩壊寸前の今、使用済み燃料は各原子力発電所の敷地内のプールか、六ヶ所村の再処理工場に保管されている。そして、今までのような原発の稼働状況なら、あと数年で満杯になってしまうという。もう、物理的に原発は稼働できないことになる。

 使用済み燃料の処理については、世界各国で研究されているのだろうけれど、有効な手段は見つかっていない。今のところ私のつたない知識では、使用済み燃料をガラス固化して無害化するまで数万年、地中深くに埋めておく方法だけだ。確か広大な土地のあるアメリカでさえ、未だにその場所が決まらないために、原発の新設は認められないという決定がなされている筈だ。

 アメリカに比べて、はるかに面積が少なく、尚且つ、活断層が至る所にあるような日本でこんな場所が見つかるのか?既に学術会議でもさじを投げてしまったではないか。そう考えると、使用済み燃料が飽和状態になって原発が止まる前に、その代替エネルギーを確立しておくことが重要であることは間違いないのだ。

 今回、日本維新の会の公約で「原発はフェードアウト」と書かれていて物議を醸しているが、使用済み燃料の処理方法が確立されない以上、逆説的ではあるけれど、案外正しいことを言っているのかもしれない。

« 笹子トンネル天井板崩壊事故について思うこと | トップページ | 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56252752

この記事へのトラックバック一覧です: 逆説的だが、「原発フェードアウト」って正しいのかもしれない。:

« 笹子トンネル天井板崩壊事故について思うこと | トップページ | 「160匹犬屋敷、元ブリーダー逮捕 動物愛護法違反容疑」(朝日新聞)の記事を読んで思うこと »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ