« 東京オリンピック招致活動が本格的に始まったようだけど…。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校バスケ部主将の自殺について思うこと。 »

2013年1月 8日 (火)

王政復古の大号令か?遠ざかる「地方分権」、息を吹き返す霞が関支配。

 新年も松の内を過ぎ、安倍政権の本領発揮となってきた。政権交代前夜から、大手メディアは、誰が名づけたか分からない「アベノミクス」なる言葉を多用し、さもこれでデフレ脱却、景気回復を印象付けている。

 もっとも、円安も進み株価も上昇しているのだから、今のところは良い流れなのかもしれない。ただ、まだ実際に何かの法律や政策を打ったわけでもなく、単なる期待値であるということを忘れてはならない。

 そこで今夜目に留まったのが、一括交付金廃止へ、ひも付き復活 13年度予算、政府方針」(東京新聞)http://bit.ly/ZBp5mw という記事である。そうか、「日本を取り戻す」と掲げたのは、まだぞろ中央集権を強化して、利権構造を確固たるものにするのも、その一つなのか。

 そもそも、こういうヒモ付き案件なるものが無駄遣いの温床とされたのに、どうどうと復活させる。これは官僚の皆さん達と手を組んで、美味しい思いをしましょうと宣言しているとしか思えない。これでまた、地方自治体からの無意味な霞が関行脚が増え、官庁にぶら下がる公益法人がぼろ儲けするのか。

 私は今のデフレ状況を脱却するには、財政出動は必要だと考えている。インフレターゲットもやむを得ないのかもしれない。しかし、税収が上がらなければ赤字国債は増えるばかりになってしまう。これでは意味がない。

 問題は、それが国民所得の増加に繋がるかどうかということだ。そうでなければ、収入は現状維持か減少、物価は上昇という最悪の事態に陥る可能性があるからだ。そして、待ち構えている消費増税。私のような貧乏人はどんどん疲弊していく。暗澹たる気分だ。

 ただ、安倍政権の政策については、年末年始、様々な案件が報道されたものの、批判を浴びると否定に走っている。そう考えると、おそらくは観測気球を上げて、国民の反応を窺っているのだろう。こういう情報は、国の広報機関である記者クラブ連中が喜んで飛びつきそうだから、これからもどんどん出てくるだろう。

 選挙で大勝したからといって好き放題にさせるわけにはいかない。是々非々で臨む必要がある。

 

« 東京オリンピック招致活動が本格的に始まったようだけど…。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校バスケ部主将の自殺について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56498630

この記事へのトラックバック一覧です: 王政復古の大号令か?遠ざかる「地方分権」、息を吹き返す霞が関支配。:

« 東京オリンピック招致活動が本格的に始まったようだけど…。 | トップページ | 大阪市立桜宮高校バスケ部主将の自殺について思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ