« 安倍内閣、政策の矛盾について。 | トップページ | 柔道女子日本代表合宿での暴力行為とパワハラ問題について思うこと »

2013年1月30日 (水)

中国の深刻な大気汚染について思うこと。

 今から40年くらい前、私が小学生だった頃は、よく光化学スモッグ注意報なるものをニュースで聞いた。田舎住まいの私には全く関係なかったが、東京の汚染は深刻だったような印象を持っていた。そればかりではなく、水俣病やイタイイタイ病などの問題は頻繁にメディアに取り上げられ、子供ながらに、高度経済成長が自然を破壊し公害を生み出していることを実感していた。

 この2週間ぐらいだろうか、中国の深刻な大気汚染問題がメディアで取り上げられるようになった。ネットで動画や静止画を見ると、昼間でもライトを点灯しなければ車の運転もできないような状態になっている。これでは政府が外出を控えるように訴えるのも無理はない。私が子供の頃、テレビで観た光化学スモッグとは比べ物にならない。

 中国も経済成長につきものの公害を軽視してきたから、このような深刻な状態に陥っているのだろう。おそらく健康被害を訴えている人達も多くいると思われるが、当然の事ながら実態は闇の中である。

 しかし、どんな政府でもこのままの状態を見過ごすわけにはいかないので、工場の輪番稼働や自動車の通行規制等々、様々な規制を行ってくるはずだ。となると経済成長は鈍化してしまう。抜本的な解決策が見出されなければ、「経済成長」と「人の健康」が天秤にかけられることになる。中国政府の対応を注視する必要がある。また、この問題は少なからず日本にも影響するのだ。日本のメディアもちゃんと注意情報を出すべきである。

【追記】もっとも日本だって中国のことを悪くばかりも言ってられない。福島第一原発事故によって大量の放射性物質を排出し、今なお24億ベクレル/日も排出している。目に見えないし匂いもないのを良いことに、今は問題無いかのような報道になっているけれど、将来、どれくらいの人にどれほどの健康被害をもたらすかは全く分からない。被害があっても利害関係の証明は困難だから質が悪い。

 

 

 

« 安倍内閣、政策の矛盾について。 | トップページ | 柔道女子日本代表合宿での暴力行為とパワハラ問題について思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56662156

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の深刻な大気汚染について思うこと。:

« 安倍内閣、政策の矛盾について。 | トップページ | 柔道女子日本代表合宿での暴力行為とパワハラ問題について思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ