« 「心中図り娘殺害、裁判長が被告の横にしゃがみ…」(読売新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 私が憤慨した3つの報道被害~その1.あさま山荘事件 »

2013年1月23日 (水)

アルジェリア人質事件での被害者実名報道について思うこと

 メディアの横暴はいつまで続くのか?アルジェリアの人質事件で亡くなった方について、官房長官は日揮の意向を汲んで非公表にしたのに、NHKはじめ多くのメディアが実名報道をしたようだ。私は記者クラブメディアに失望してテレビのニュースや新聞はほとんど見ていないので、このことはツイッターで知った。

 特に朝日新聞に至っては、親族に対しての同意が無ければ実名報道しないと約束したにもかかわらず、平然と実名報道をしたようだ。そういうこともあり、遺族やその周囲の方々のところにメディアが殺到したらしい。突然の訃報に悲しんでいる方々に対し、非礼極まりない。

 私が憤るのは、彼らが”自分達は人のプライバシーを暴く賤しい人間の集まりだ”と公言しているならまだしも、”社会の木鐸”だとか”国民の知る権利のために”と、まるで高貴な人間を振る舞っているところだ。「実名が分かれば悲しみが共有される」なんて言った方もいたようだが、そもそも我々に縁もゆかりもない被害者の実名を知ったとしても、どうしようもないではないか。自己弁護も甚だしい。

 ただ、残念なことに、多くの人はこうした被害者の実名報道があって当たり前だと洗脳されてしまっている。私も数年前まではそうだった。しかし、その陰で被害者の周囲の方々がメディアスクラムに遭い、人権を蹂躙されていることを知った。こういう報道を見たり聞いたりすること自体、私自身がメディアスクラムに加担していると思うようになった。我々がそういう報道に批判的になり、見たり聞いたりしなくなれば、メディア側だって避けるだろう。前にも書いたけれど、彼らの根底にあるのは、自分達の利益なのだから。

 私のブログでは、何回書いたか分からないくらいメディア批判をしていて、自分自身うんざりしているけれど、彼らがその姿勢を改めない限り書き続けるつもりだ。

« 「心中図り娘殺害、裁判長が被告の横にしゃがみ…」(読売新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 私が憤慨した3つの報道被害~その1.あさま山荘事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56607532

この記事へのトラックバック一覧です: アルジェリア人質事件での被害者実名報道について思うこと:

« 「心中図り娘殺害、裁判長が被告の横にしゃがみ…」(読売新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 私が憤慨した3つの報道被害~その1.あさま山荘事件 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ