« 中国の深刻な大気汚染について思うこと。 | トップページ | 「敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭」(東京新聞) »

2013年1月31日 (木)

柔道女子日本代表合宿での暴力行為とパワハラ問題について思うこと

 桜宮高校でバスケ部のキャプテンが体罰を苦に自殺したことをきっかけに、雪崩を打ったように体罰問題が噴出している。

 そして昨日、ロンドン五輪の選手を含む15名が、”合宿中に監督・コーチによる暴力行為並びにパワーハラスメントがあったことをJOCに告発していた”というニュースが駆け巡った。当初、全柔連は監督を戒告処分としたが、監督自体は続投させる予定だった。ところが今日の記者会見では、一転して監督自らが辞意を表明した。

 ひょっとしたら文科省やJOCによる圧力があったのだろうか。あまりこの問題が大きくなると、オリンピック招致にも良い影響を与えないからかもしれない。しかし、私は監督だけを変えても、根本的な解決にはならないような気がする。大げさに言えば、日本人全体の意識が変わるかどうかだ。

 いわゆる”体育会系”と呼ばれる方々は、ストイックで礼儀正しく、上下関係や規律に極めて厳しく、上からの命令は理不尽であっても服従しなければならないというイメージがあると思う。

 今はどうか分からないが、私が学生だった頃、”体育会系”は就職に有利だった。つまり、上司命令には逆らわない、苦難に耐えられるだけのメンタルを持つ、ということを学生時代に叩きこまれているから、企業戦士のマインドにマッチしていたのだ。日本人特有の美徳なのかもしれない。

 話は少しそれてしまったが、体罰問題も、こうした日本人のメンタリティが根底にあるのではないだろうか。過度な成果主義は改めないと、悲劇の連鎖が続いてしまうのではないか?

【言い訳】今日は疲れていて、しかも酒が回り始めてしまい、なんか上手く文章が繋がらなかった。

« 中国の深刻な大気汚染について思うこと。 | トップページ | 「敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭」(東京新聞) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56669080

この記事へのトラックバック一覧です: 柔道女子日本代表合宿での暴力行為とパワハラ問題について思うこと:

« 中国の深刻な大気汚染について思うこと。 | トップページ | 「敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭」(東京新聞) »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ