« 【毎年元日恒例】大野山の初日の出と大雄山最乗寺の初詣(スライドショー付) | トップページ | 第89回 箱根駅伝を観て(聴いて)思うこと »

2013年1月 2日 (水)

大晦日の紅白歌合戦を見て思ったこと。

 正直って、紅白歌合戦に関心はなかったのだが、美輪明宏さんが「ヨイトマケの唄」をフルコーラスで歌うというので、そこだけは絶対見ようと思った。この曲自体はラジオで聴いて知っていたのだが、一時、民放連が放送禁止歌にしてしまい、なおかつ解除された後もほとんど放送されておらず、生で見たことがなかったからだ。登場時間に合わせてテレビを付けた。

 キムタクの曲紹介後、画面が真っ暗になった。歌が始まり、浮かび上がったのは、いつもの黄色い髪形で女装姿の美輪さんではなく、黒いスーツ姿の黒髪の男だった。「これがあの美輪さん?」。そうだ。ユーチューブに上がっている昔の映像と同じ格好ではないか。最初から驚かされた。

 ただでさえ、この曲は涙なくしては聴けないのに、美輪さんの表情の変化、手振り、迫力の歌声、シンプルな演出なのに、その表現力の凄さで完全に陶酔してしまった。こう感じたのは私だけかと思ったが、ツイッターや、あの誹謗中傷飛び交う2ちゃんねるの住人でさえ称賛する声は多数を占めていた。やはり、本物なんだ。本物は多くの人の心を打つのだ。

 NHKがなぜ、今の時代に、50年も前に発表された歌を選んだのかは分からない。これは単なる憶測だけど、今テレビ業界に見られるような過剰演出に対するアンチテーゼだったのではないか。そして、”言葉刈り”の矛盾を多くの人々に分からせるためではなかったのか。

 いずれにせよ、視聴率が40%を超えるようなお化け番組で、この曲が歌われたのは伝説になるかもしれない。いや、パンドラの箱を開けたのかもしれない。下手に理屈をこねてしまったが、美輪さんのおかげで、最近では一番印象に残る紅白で気分もスッキリして新年を迎えられた。

 

 

« 【毎年元日恒例】大野山の初日の出と大雄山最乗寺の初詣(スライドショー付) | トップページ | 第89回 箱根駅伝を観て(聴いて)思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56454587

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の紅白歌合戦を見て思ったこと。:

« 【毎年元日恒例】大野山の初日の出と大雄山最乗寺の初詣(スライドショー付) | トップページ | 第89回 箱根駅伝を観て(聴いて)思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ