« WBC日本代表が決まったけれど…、盛り上がらない私の心 | トップページ | 【東京マラソンで男性の命救う お手柄ランナーの松山市職員に感謝状】(MSN産経ニュース)の記事を読んで思うこと。 »

2013年2月23日 (土)

【富士山で入山料徴収の意向 山梨、静岡両県知事が表明】(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 今日は2月23日。あいにく今日は曇っていて富士山を見ることは出来ながったが、静岡と山梨では「富士山の日」と呼ばれている。そんな折、「富士山で入山料徴収の意向・山梨、静岡両県知事が表明」という記事を読んだ。http://bit.ly/W9A5Hh

 個人的にはやむを得ない措置だと考えている。登山できるのは基本的に7月と8月の2ヵ月だが、この間に20万人以上の人達が登る。私も25年ぐらい前、一度登ったけれど、その時でさえ、夜中にもかかわらず、7合目以上は列をなしていた。自分自身で懐中電灯を持たなくても歩けるくらいだった。

 今では”山ガール”などと呼ばれる若い女性も増えてきていると聞くし、なにより、健康志向と昨今の不況下でも廉価で絶景を堪能できるレジャーという面からみても、登山者が増えているのは推測できる。

 そうなると、怪我や体調不良を訴える人も増えただろうし、当然、ゴミも増えただろう。それに対応することも問題だが、個人的には一番問題になるのは”トイレ”なのではないかと思っている。処理する方法はいろいろあるらしいけれど、やはり、費用が莫大にかかるのは目に見えている。トイレを有料にしたところで設置費用の回収すらままならないし、逆にそれを使わず岩陰で用を足してしまう人もいるだろう。

 また、大勢の登山客が入れば登山道の整備も必要だ。かつて何度か落石死亡事故も起きたのだ。これを自治体だけが負担していたら、堪ったものではない。1人1000円ぐらいの負担は必要なのではないか?

 本来、富士山は”世界自然遺産”を目指していた。却下された理由としては、周辺のゴミとトイレの問題だと言われている。そのため、苦肉の策として”世界文化遺産”を目指したのだった。でも個人的には本末転倒なのではないかと思っている。これを機に、富士山の自然環境に目を向ける人が増えてもらえることを願う。

« WBC日本代表が決まったけれど…、盛り上がらない私の心 | トップページ | 【東京マラソンで男性の命救う お手柄ランナーの松山市職員に感謝状】(MSN産経ニュース)の記事を読んで思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56825507

この記事へのトラックバック一覧です: 【富士山で入山料徴収の意向 山梨、静岡両県知事が表明】(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« WBC日本代表が決まったけれど…、盛り上がらない私の心 | トップページ | 【東京マラソンで男性の命救う お手柄ランナーの松山市職員に感謝状】(MSN産経ニュース)の記事を読んで思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ