« 今までで一番辛い、今年の花粉症。 | トップページ | 忘れてはいけない…東京大空襲から68年 »

2013年3月 9日 (土)

小田原の中学校での器物損壊事件が相次いでいることについて思うこと

 昨年12月から、小田原の市立中学校で窓ガラスが割られたり、教室を水浸しにされたりした事件が相次いでいる。そして、今日も国府津中学校と白鴎中学校も被害に遭った。

 私の家からは少し離れているけれど、生活圏と言っても過言ではない場所なので不気味に感じる。

 調べてみると、昨年12月には栢山の城北中、今年2月には酒匂中、そしてまた、城北中、3月に入って、国府津中、白鴎中がやられている。全ての学校が半径5㎞以内に入りそうな地域で起こっていることになる。やはり、この地域の人間が起こしたものなのだろうか?

 私が中高生だった頃は、全国各地で校内暴力も問題視されていて、規模こそ違いはあれ、どこも似たような事件があった。それはほとんど、当該学校の学生が学校生活に不満を抱いて起こしたものだった。

 しかし、今回は様相が違うように感じる。なぜなら手口は似ているし、4つの学校が狙われている。別々な人間が連鎖でやっているとは思えないから同一人物、あるいはグループの犯行だろう。単なる、恨み辛みでここまで執拗に行うというのも理解できないから、愉快犯なのかもしれない。

 いずれにせよ、こういう犯罪はエスカレートしやすい。おそらく警備もしているのだろうが、一刻も早く、犯人を検挙してもらいたいと願うばかりだ。

« 今までで一番辛い、今年の花粉症。 | トップページ | 忘れてはいけない…東京大空襲から68年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56921417

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原の中学校での器物損壊事件が相次いでいることについて思うこと:

« 今までで一番辛い、今年の花粉症。 | トップページ | 忘れてはいけない…東京大空襲から68年 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ