« 「救急搬送:25病院に36回断られる 埼玉の男性死亡」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 小田原の中学校での器物損壊事件が相次いでいることについて思うこと »

2013年3月 8日 (金)

今までで一番辛い、今年の花粉症。

 今日は休みでほとんど部屋の中にいたのに、この時間でも異様に目がショボショボする。今年は花粉の飛散量がもの凄いらしく、今まででもっとも辛い症状が出ている。

 思い起こせば、私が最初に花粉症と診断されたのは、今から17年前の32歳の時だった。その時は、喉がいがらっぽくて声がかすれるような症状だけで、くしゃみや鼻水もなかったから、まさか花粉症とは思わなかった。カラオケに行って歌い過ぎたからなのだろうと放っておいた。しかし、1週間ぐらい経っても治らず、ひょっとしたらポリープでも出来たのかもしれないと、耳鼻咽喉科のところに行った。

 この時期の待合室はもの凄い人で溢れかえっていた。1時間ぐらい待って、ようやく診察だ。私「喉がおかしいんですが・・・」、医師「ああ、花粉症ですね。」、私「えっー!!」。後に血液検査も行い、ヒノキと杉へのアレルギー反応が分かったのだった。

 それ以来、ずっと春先は辛い日々が続く。私の場合、杉よりもヒノキの方への反応が強く、普通の人より遅く症状が出て、しかもGWぐらいまで続くこともあった。それでも、「花粉の飛散量が多い」と言われる年を除いては、市販の薬を飲めば十分対応できた。

 ということで、今年はある程度は覚悟していたのだが、ここまで酷くなるとは想像できなかった。そして、今週末だけで、昨年1年分の量の飛散があるとの情報もある。今から戦々恐々としている。万全の備えをしないといけない。

« 「救急搬送:25病院に36回断られる 埼玉の男性死亡」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 小田原の中学校での器物損壊事件が相次いでいることについて思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/56914595

この記事へのトラックバック一覧です: 今までで一番辛い、今年の花粉症。:

« 「救急搬送:25病院に36回断られる 埼玉の男性死亡」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと | トップページ | 小田原の中学校での器物損壊事件が相次いでいることについて思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ