« 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと | トップページ | ボストンマラソンの爆発事件について思うこと。 »

2013年4月16日 (火)

「水俣病:熊本の未認定女性は患者 最高裁が初判断」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと

 「水俣病:熊本の未認定女性は患者 最高裁が初判断」(毎日新聞)http://bit.ly/1194pxU この判決を裁判所の英断とみるべきか、それとも遅すぎるとみるべきか、人それぞれだろうが、私は遅きに失したとみている。

 「水俣病」。私が物心ついた頃、患者の方や猫の映像は今でも頭に残っている。そして、有機水銀に犯された変形した魚が異様に不気味だった。まだ、子供だった私は、「何でこんな変形した魚を人間が食べてしまうのだろう?」「あんな魚を食べるのがおかしいのでは?」などと、思っていた。

 しかし、大学1年の時、偶然、履修した日本史の先生が水俣病関連の本を書かれている方で、「水俣病」というものの病気並びにその背景についてを知るにつけ、暗澹たる気分に陥った。汗顔の至りだった。「港町にいながら、人間があんな魚を食べるわけないじゃないか!」。変形した魚、猫の異常な行動、それに手足のしびれた満足に動くことが出来ない患者さんがセットになって報道されていたから、それが頭の中で結びついてしまったのだ。本当に申し訳ない。

 国が、優良企業だった日本窒素を庇うような基準を作り、そのために認定患者が切り捨てられた。そのために認定されない方の多くは何の救済も受けられずに亡くなっていった。ただ、ご遺族の意思の強さが今回の判決を導いたと言ってもいいだろう。ほぼ半世紀に渡る闘いは想像するに余りある。素直に「お疲れさまでした」と、そして、亡くなられた方のご冥福をお祈りしたい。

 そして、私が将来懸念するのは、この公害の構図が、福島第一原発事故の構図と似たような気がしてならないことだ。今でさえ、子供に甲状腺異常がでたといっても原発由来ではないといい、国はチェルノブイリ事故で避難地域となった4倍の放射線量でも平気という、基準を作った。

 似てないだろうか?問題が発生して大騒ぎするのは、私が天寿を全うしてからかもしれないけれど、今日と同じような場面にならないだろうか。私の妄想であることを願う。

« 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと | トップページ | ボストンマラソンの爆発事件について思うこと。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57187246

この記事へのトラックバック一覧です: 「水俣病:熊本の未認定女性は患者 最高裁が初判断」(毎日新聞)の記事を読んで思うこと:

« 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと | トップページ | ボストンマラソンの爆発事件について思うこと。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ