« 「日本 NPTの核不使用声明に署名せず(NHKニュース)」の記事を読んで思うこと | トップページ | 40代最後の夜に思うこと »

2013年4月26日 (金)

少し気になりつつある「源氏物語」

 今月に入って早朝、ふとしたことからコミュニティFMにチューニングしてみると、朗読の番組をやっていた。男性の落ち着いた聞きやすい声だった。何の話だろうと思ったら、「源氏物語」だった。毎日、聞ける訳ではないのであやふやだったが、どうも、この男性は林望(はやし のぞむ)という方で、”りんぼう先生”と呼ばれている。「源氏物語」を現代語訳し、その上、朗読までやっていることが分かった。そして、今は再放送らしい。

 この朗読を聞くのはたいてい運転中であるし、最初から始まる訳ではない。せめて前回までの簡単なあらすじぐらいやってくれれば親切なのだが、「謹訳 源氏物語第〇○卷『須磨』・・・」という具合に始まる。だからストーリーがイマイチよく分からない。そういえば、私は「源氏物語」なんて、紫式部が書いたもので、主人公が「光源氏」で、いろいろな女性との恋愛物語ぐらいしか知らないのだ。

 さすがに、いきなり全部読もうなんて思わないから、ネットであらすじを読んでみた。なるほど、この内容では学校で教えにくい。でも高校の時に多少読んだのか、葵の上、藤壺、夕顔、六条御息所、紫の上という女性の名前は頭の片隅にあった。しかし、こんなにドロドロとした人間関係を綴ったものだということは初めて知った。今の昼ドラの比ではない。

 そして、この小説が千年も前に書かれていることに改めて驚く。現代語訳もいろいろな方が執筆されているし、漫画や映画にもなっている。とりあえず、昨夜は近年上映された「源氏物語-千年の鍵」という映画観てしまった。当然、物語全部が描かれている訳ではない。。続きが気になるけれど、飽きやすい自分としては、あらすじ本ぐらいまでにしておこう。

« 「日本 NPTの核不使用声明に署名せず(NHKニュース)」の記事を読んで思うこと | トップページ | 40代最後の夜に思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57252601

この記事へのトラックバック一覧です: 少し気になりつつある「源氏物語」:

« 「日本 NPTの核不使用声明に署名せず(NHKニュース)」の記事を読んで思うこと | トップページ | 40代最後の夜に思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ