« 北朝鮮の金正恩、振り上げた拳をどう降ろすのか? | トップページ | 何事につけても、メディアの論調が一定方向に流されているのは気持ち悪い。 »

2013年4月 1日 (月)

長嶋氏と松井氏が国民栄誉賞を受賞することについて思うこと。

 スマートフォンにYAHOOニュースのアプリを入れていて、重大ニュースの速報が入るとチャイムが鳴るのだが、それが「長嶋・松井氏が国民栄誉賞」だった。一瞬、「何でこの時期に?どういう訳で?」と疑問が湧いた。2ちゃんねるやTwitterでは、長嶋さんは分かるけれど、何故、同じ日に松井氏が…という意見が多数だった。実は私もそう思う一人だ。

 確かに、国民栄誉賞の目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」だから、両名とも合致していないとは言えない。

 しかしながら、長嶋さんと松井さんを同列にしていいのか?という疑問が残る。一応、首相の一存だけでは決められず、民間有識者に聞いて決めるということなのではあるが、どうしても引っ掛かる。

 長嶋さんは、私の親父の世代70代後半から60代の方々にとっては、まさにスーパースターだ。成績自体は突出したものではないかもしれないけれど、チャンス強さ、天性の明るさ等々、プロ野球を不動の地位に押し上げた稀有な存在と言っても過言ではない。選ばれるのが遅いくらいだ。

 でも、松井さんの場合はどうか。成績及び人気は絶大なものがあったのは間違いない。ニューヨークヤンキース時代もワールドシリーズでMVPにも輝いた。確かに素晴らしい。ただ、WBC(個人的にはどうでも良くなっているが)は辞退したし、MLBに行ってからの通算成績も突出すべきとは言えないのではないか。その意味では、「国民栄誉」という崇高なレベルまでは行っていないような気がするのだ。

 松井さんは素晴らしい選手だったと思う。だけど、こんな形で国民栄誉賞を受賞して欲しくはなかった。現役は昨年引退してしまったが、今現在、凋落傾向にあるプロ野球を再興させるような活動をしてから受賞して欲しかった。何か腑に落ちない残念な気持ちだ。

 

« 北朝鮮の金正恩、振り上げた拳をどう降ろすのか? | トップページ | 何事につけても、メディアの論調が一定方向に流されているのは気持ち悪い。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57084906

この記事へのトラックバック一覧です: 長嶋氏と松井氏が国民栄誉賞を受賞することについて思うこと。:

« 北朝鮮の金正恩、振り上げた拳をどう降ろすのか? | トップページ | 何事につけても、メディアの論調が一定方向に流されているのは気持ち悪い。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ