« まるで村上春樹狂騒曲を奏でるメディア | トップページ | 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと »

2013年4月13日 (土)

第2回 将棋電王戦第4局を観て思うこと。

 今日の対局者、塚田九段の涙にもらい泣きしてしまった。もう、途中は解説者が「タオルを投げたい」などと言うくらい劣勢だった。素人目に見ても、駒は取られまくり、コンピュータの形勢判断でも絶望的な数値まで刻んでいた。それを、持将棋(引き分け)まで持ち込んだのだ。「負けない!」という人間の執念を観たような気がして、とても感動した。

 それと同時に、コンピュータの弱点も露呈する結果となったのは、人間側にとっても勝機を見出すことに繋がるだろうし、ソフト開発者側も改良の余地が十分伺える歴史的な対局になった。

 それにしても、こういう企画は面白い。前回の感想でも書いたが、私は将棋の駒は動かせる程度で、形勢判断なんて全くできない。しかし、対局者の表情、解説者と受け手のやり取り、コンピュータによる一手毎の形勢判断、画面に流れる観ている人からの感想(弾幕)が、長時間に及ぶ対局を盛り上げる。既存のテレビでは絶対に出来ないからだ。

 いよいよ来週は最終局。今度は700台ものコンピュータを繋げたソフトと、将棋界で10名しかいないA級棋士との闘いになる。今日の引き分けによって、コンピュータの負けはなくなったが、人間側の意地もある。果たして、どんな戦いになるのか?今から楽しみで仕方ない。

 

« まるで村上春樹狂騒曲を奏でるメディア | トップページ | 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57165829

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 将棋電王戦第4局を観て思うこと。:

« まるで村上春樹狂騒曲を奏でるメディア | トップページ | 「被災家屋解体進まず 南相馬再編16日で1年 放置車両多数、農地再生や水道復旧途上」(福島民報)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ