« 今日のテレフォン人生相談を聴いて―今日の相談内容は、私が自己嫌悪から脱出できるヒントかもしれない。 | トップページ | 【2013年4月5日】富士霊園の桜。スライドショー付。 »

2013年4月 4日 (木)

【福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ】(東洋経済オンライン)の記事を読んで思うこと

 不安を煽るな!ということか?本来なら、メディアはこの話題で上へ下への大騒ぎをしても良いのに、あまり大きく取り上げられていないような気がする。こういうことをみても、今の状況は戦時下に思えて仕方ない。【福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ】(東洋経済オンライン)http://bit.ly/16uZGvl 

 つい最近まで大きく取り上げられていたのは、中国の大気汚染、今年の流行語にもなりそうなPM2.5だった。果たしてもう飛んでこないのか、4月に入ってからはあまり聞かなくなった。

 そして、4月に入ってからは、中国で死亡例が4名も出ている鳥インフルエンザ(H7N9)の話題が増えてきた。外務省は渡航注意勧告のようなものを出し、空港に張り出されるポスターは、どこの社もこぞって報道していた。

 どちらも、健康に害を与えることは間違いなく、我々日本人にとっては重要な問題だ。嫌中感情を煽ることなく、冷静にしかも多角的に報道して欲しい。

 その一方、原発推進政党である自民党が政権をとったからか、福島第一原発事故由来に関する報道は、あまりにも少なくなった。自民党の広告関連の大半は電通だというから、おそらくメディアは出稿料の減少を恐れているのかもしれない。しかし、報道が金によって左右されるようなことになれば、それは自らの使命を断ったことに他ならない。そんなことにメディアの幹部連中は気がついていないのか?

 戦争の場合は、焼夷弾を投下されたり、原爆を投下されたりすれば、我々庶民でも「これはおかしい?」と感じることは出来た。でも、放射能は見えないし匂いもしない。まして、低線量被曝の場合は、どこかの誰かさんが言ったように「直ちに影響はない」のだ。

 残念ながら、この問題は国や大手メディアに頼るのではなく、放射能に関して危険だと思う人が自ら情報を収集し行動していくよりほかにないのかもしれない。

 

 

 

 

« 今日のテレフォン人生相談を聴いて―今日の相談内容は、私が自己嫌悪から脱出できるヒントかもしれない。 | トップページ | 【2013年4月5日】富士霊園の桜。スライドショー付。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57105555

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発周辺で「動植物異常」相次ぐ】(東洋経済オンライン)の記事を読んで思うこと:

« 今日のテレフォン人生相談を聴いて―今日の相談内容は、私が自己嫌悪から脱出できるヒントかもしれない。 | トップページ | 【2013年4月5日】富士霊園の桜。スライドショー付。 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ