« 狭山事件から50年、再審の重い扉は開かれるのだろうか? | トップページ | 憲法の日に、あらためて憲法問題を考えてみた »

2013年5月 2日 (木)

アメリカ社会って狂っているとしか思えない。

 アメリカで5歳の男の子がライフル銃で2歳の妹を射殺してしまった。昨年暮れにも小学校で銃乱射事件が起きたり、その他、日本には伝わってこないような銃による殺人事件はかなりあると思われるのに、一向に銃規制という方向にはいかない。

 銃によるどんな痛ましい事件が起こっても「銃は悪くない、悪いのは人だ」で済まされる社会だ。単一民族国家、しかも島国で暮らす私の価値観とは全く異なるのかもしれないが、個人的には狂っているとしか言いようがない。

 今回の事件に関しても、5歳の男の子は一年前に貰った”子供用のライフル銃”で誤射してしまったのだ。子供用のライフル銃があることにも驚くが、それを親がプレゼントするというのは、如何にアメリカ社会が病んでいるかということの証だ。

 おそらく少しの間は銃規制論が盛り上がるかもしれないが、銃器製造会社からたんまりと政治資金を受け取っている議員が多数を占めているのだから、規制される訳がない。いいとこ「親御さんがいる場合は、銃から弾を抜くのを忘れずに」なんていうCMが数多く流されて終わりだろう。

 アメリカだって、もちろん良い面はあるけれど、こうした銃社会の悪い面は絶対に受け入れてはいけない。彼らは「自分達の利益・保身のためなら何でもやる」。決して性善説は通用しないということを肝に銘じよう。

« 狭山事件から50年、再審の重い扉は開かれるのだろうか? | トップページ | 憲法の日に、あらためて憲法問題を考えてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57296450

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ社会って狂っているとしか思えない。:

« 狭山事件から50年、再審の重い扉は開かれるのだろうか? | トップページ | 憲法の日に、あらためて憲法問題を考えてみた »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ