« 右肘骨折療養生活3日目の朝。 | トップページ | 【PC遠隔操作事件】第1回公判前整理手続きで、弁護人の怒り炸裂(江川紹子氏)の記事を読んで思うこと »

2013年5月22日 (水)

「原発電力 政権二枚舌 世界から疑問の恐れ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと

 もはや原子力村を追及できるのは東京新聞だけになってしまった。「原発電力 政権二枚舌 世界から疑問の恐れ」http://bit.ly/13JgoXL 

 ここ数日のニュースを見ていると、彼らの横暴さが際立ってくる。日本原電が敦賀原発直下の活断層を調査した専門家に個別に抗議していたり、僅か1日で調査した海外コンサルが「活断層ではない」と記者会見したり、まるで溺れる者は藁をも掴むという醜態を晒している。

 大手メディアは一応、そういう行動があったことは伝えるが何ら批判していない。今回東京新聞が報道したことだって、まともなジャーナリズムを持っているメディアなら、後追い取材を行い、この政府の二枚舌に対して大々的に批判するだろう。原子力村を担う民間メディアはともかく、NHKすらこの事実を報道しないのには、正直言って腹が立つ。完全な政府広報機関ではないか。

 ここまで政府は国民を騙しておいて、大手メディアが伝えないのは本当に異常だ。”電力は十分足りている”というのを海外向けに公表しているのだ。私は信じていなかったが、反原発を批判する人達の多くは”電力不足だから仕方ない”ということではなかったのか?

 だいたい首相と懇親を重ねる偉いさんがいるメディアを信用するのは恥ずかしくないのか。おそらく官房機密費(=税金)で飲み食いし、メディアコントロールされているのだ。

 つい数年前まで、北朝鮮メディアのことを笑っていたけれど、今の現状を見る限り、彼ら以上に、上手く世論をコントロールしているのは日本人なのかもしれない。為政者達は着々と国民をコントロールしようとしている。まあ、唯々諾々と「関心が無い」などと言っているうちに、取り返しがつかない事態にならないことを願う。

« 右肘骨折療養生活3日目の朝。 | トップページ | 【PC遠隔操作事件】第1回公判前整理手続きで、弁護人の怒り炸裂(江川紹子氏)の記事を読んで思うこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/219908/57438359

この記事へのトラックバック一覧です: 「原発電力 政権二枚舌 世界から疑問の恐れ」(東京新聞)の記事を読んで思うこと:

« 右肘骨折療養生活3日目の朝。 | トップページ | 【PC遠隔操作事件】第1回公判前整理手続きで、弁護人の怒り炸裂(江川紹子氏)の記事を読んで思うこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ